ryokuのFootball Manager監督日記

PCゲームのFootball Manager2012のプレイ日記です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Chemnitz FC編 16-17シーズン 開幕~9月

風邪薬飲んで変な時間に起きたからって、FMをやってたら、このざまだだよ!

ってことで8月頭の理事会評価の画像もありません。

 

FM1617_08_01

シーズンチケットは、昨シーズンの1.5倍と順調な売り上げ。

 

8月の公式戦成績

FM1617_08_04

開幕前のフレンドリーマッチが意外とズタボロで少々不安なまま開幕しましたが、

蓋を開ければカップ戦含め、開幕から4連勝!シャルケ戦?ああ、あれはサービスですよ・・・

 

その他の出来事

FM1617_08_02 

元祖スペランカーHornigと、期待に答えない男Tutingが約束を守れとの事・・・

うん、移籍金0Mで他クラブオファーしても引き取り手がないんだが、どうしろと?

むしろ、契約解除してあげるから、次の所属先探してきたらいいんじゃないかな?^^

 

 

まあ、多少の事では私の機嫌は悪くならないけどね!なんせついに・・・

 

新加入

FM1617_08_03

ryoku監督の数年来の待ち人、遂にケムニッツに来たる!。

シャルケのユースに入団したのが11-12シーズン。

ケムニッツの中心選手Mauckschと同学年で、本職は同じAC。

二人とも何とかレンタルでもいいので獲得できないかと動向を追っていましたが、本命はOdrichでした

 

その後Mauckschは、チームとの契約交渉がまとまらずフリーで運よく獲得。

一方本命のOdrichは、メディアなどを使いアピールを続け、

本人も何度も移籍希望をだすものの、シャルケが移籍を拒否。

親クラブがシャルケになった時は「これでOdrichをレンタルできる!」と喜んだのですが・・・

それまで期限付き移籍リストに載せていたのに移籍期間開始直前にリストから削除され、獲得できず。

 

その後も移籍期間前など定期的にメディアを使いちょっかいをかけたのですが・・・

評価額の10倍以上の2B越えの逆オファーという嫌がらせにあい、獲得を諦めていました。

 

今夏も移籍オファー→移籍拒否→本人移籍希望→2Bで逆オファーと、例年と同じ流れだったのですが、

プレシーズン中トップ下で起用されるも、まったく結果をだせず、

移籍期間終了間際に420Mの逆オファー。ケムニッツには大金でしたが、即決で獲得しました。

 

Stephan Odrich2016

シャルケユースが生み出した、末恐ろしき19歳。

唯一の不満は、この能力ですら、彼を見つけた11-12シーズンから実は大して成長していない事。

Mauckschは、ケムニッツに来てからの2シーズン主力として活躍していたのに対して、

Odrichは、今季までまともに試合に出ていませんでしたから、その差ですかね。

それでも天性のスピードに足元の技術もたしかと、間違いなく逸材です。

後気になるのは・・・なんでプレシーズン、毎試合のように6前後の評価点だったのかということ。

 

実際プレシーズンで結果を出していれば、今季はシャルケで普通に起用されていたでしょうし・・・

加入がシャルケ戦の後の、今月末でしたので実際に起用して見てポジションを考える予定。

 


FM1617_09_01

Odrichの獲得もありましたし、赤字はわかるのですが、それを抜いても70M程度の赤?

試合数は多かったのにこれは、ちと怖いですね。

 

9月の公式戦成績

FM1617_09_06

今月はリーグ戦3試合。チームは好調を維持し2勝1分け。

 

ちなみに、カーンが代表監督に就任し、ryoku監督にも振られた王者バイエルンの監督には

FM1617_09_07

ドイツ代表を辞任したLowが就任、今一番、サッカー監督に見えない監督のLowさんじゃないですか!

代表とバイエルンの監督が交代した形になりました・・・

ぎゃー、カーン時代よりあきらかに強くなってるじゃないですかー!

当然システムも4-2-3-1に変更され、明らかに穴がなくなってる・・・

正直、今年もカーンが監督のままなら高確率でリーグ優勝できると思ってました(笑

しかし、代表ゲームの時の服装は、どう見てもデザイナーさんか何かにしか見えないのは私だけ?

 

そんなバイエルンとのアウェーの試合は、PKで同点に追いつかれドロー。

しかし内容は明らかに劣勢で、昨年より確実に安定感がある・・・

現状はまだ実戦投入していませんが、新システムを試してみるべきかも。

ちなみに今季もメインは例年通り4-2-3-1。新戦術は実戦投入した時にでも少しだけ説明する予定。

しかし、もったいぶるほどのものではないので期待しないように。

 

その他の出来事

FM1617_09_02

とりあえずは軽傷に安堵。今季は本気でCL出場権狙ってるので主力選手の長期離脱だけはやめてね。

 

FM1617_09_04

移籍期間は終了していますが、左サイドバックのレギュラーPlattenhardtをFeyenoordに500Mで放出。

Odrich獲得に使った420Mの移籍金との収支バランスを考えてというのも理由の一つですが、

それ以上に、スペランカーっぷりにryoku監督の堪忍袋の緒が切れたのが最大の原因。

余りにも簡単に試合中に負傷マークがつくので、交代枠を無駄に消費させられるのが・・・

移籍は1月ですが、今後はよほどの緊急事態以外は起用しない予定。

せっかく評価額の2.5倍で売却できたのに、怪我して不成立とか嫌ですし。

 

さて、先月末に加入したOdrichですが・・・・予想通りトップ下だとまるで機能しない!

今月初めに行った親善試合&初戦のSt.Pauli戦はトップ下起用も共に低パフォーマンス。

St.Pauli戦は、攻撃陣は皆高評価なのに1人前半で6.1をたたき出し45分で交代

・・・

・・・・

・・・・・監督長考の結果・・・

 

「よし、次の試合からお前のポジションはALだ!」

 

FM1617_09_08 FM1617_09_09

昨シーズンのMauckschが、適性外へのポジション変更でも大活躍して味をしめたか、

2年連続で適性外への選手のポジション変更を決断!

2年連続の大成功となるのか、それとも更なる悲劇の始まりか?続報をまて!(w

 

9月終了時順位表

FM1617_09_05

開幕から順調に勝ち点を増やし、2カ月で5勝1分1敗の勝ち点16の2位。

ドルトムントが首位、バイエルンが3位と優勝候補は順調な滑り出し。

 

8,9月のMVP

Jens Maucksch2016

できれば他の選手を選出しようかとも思ったが、成績を見直せばやはり今年の1発目もこの人。

開幕戦は代表召集で欠場も、リーグ戦6試合で4得点5アシスト2MOM

今季はセットプレイキッカーも務めるのでアシストは増えるだろうが、それでも立派な成績。

今季も彼の活躍が、チームの成績に直結するだろう。戦術?Mauckschが自由にプレイできればOK

スポンサーサイト
  1. 2012/09/30(日) 12:00:00|
  2. ケムニッツFC 16-17
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Chemnitz FC編 16-17シーズン 開幕前 後編

FM1617_07_02

1部昇格2年目、確実に1部に定着して経営を安定させたいです。

 

FM1617_07_01

スタジアムが小さいので、現状は放映権&賞金が財源ですね。

それでも人件費で無茶をしなければ、黒字経営が可能。さすがドイツだなー。

 

FM1617_07_05

多少財政に余裕があるので大盤振る舞い。リーグもカップも高額のボーナスに設定。

これで選手が、がんばってくれるなら安いものです。

 

その他の出来事

FM1617_07_06

Plattenhardtも完全にスペランカー一族の仲間入りですね。

試合中にもよく、負傷マーク(試合後の怪我の有無関係なく)つきますし、

能力は認めても・・・正直使いにくい。これは放出も検討かな。

 

FM1617_07_08

試合中の競り合いにて軽傷。今季も右サイドの1番手なので、怪我には注意してね。

 

選手人事

FM1516_06_03

正確には昨シーズン終了直後にオファーをして、移籍が決定していました。

初年度からエースとして活躍も、持病である豆腐メンタルのせいで、年々監督の信頼を失い、

1部昇格の昨シーズンは、わずかに5試合の出場に止まる。

新天地はオランダ1部のWillemⅡ、是非ともがんばってほしいものです。

 

その他の放出選手はこちら

FM1617_07_09

(実は、獲得やら放出の画像を、ほぼ撮り忘れるという大失態。)

 

引退したMarx、Friedrichの他では、ウイングのVollmannが120MでオランダのNEC、

Batarilo-CerdicがVVVに移籍。

空気の読めない若手DC Thomasは1860Munchenに有料レンタル

そしてForsterとエースの座を争ったSchneiderも、レンタルで2部のDusseldorfに移籍した。

契約延長せず放出した中には、スペランカー2号ことHakanなどもいるが、まあいいでしょうw

 

獲得

FM1617_07_10

一方開幕までの獲得選手は上記の4名。画像は選手紹介で確認してもらうとして、

Dejagah、Schipplockのレンタル組2名は予定通り、Dejagahは移籍交渉にて獲得、

Schipplockはレンタル終了後、フリー選手になった所を契約して獲得。

Tsakirellisはドルトムント出身の若手(架空選手)トップ契約されずにフリーの所を契約。

 

この時点で今季の目玉といえる、Schieberのレンタル獲得は正直予想外。

懸案だったCFも、Schipplock、Schieberの2名を補強でき、これでだいぶ戦力は整ったか。

 

監督就任6年目の今季は、CL出場権がほしいと高望みをしつつ選手紹介。


 

GK

Niclas Heimann2016

入団5年目の今季もケムニッツのゴールを守るのはこの男。

個としての能力は、優れたGKの多いドイツ国内では超1流とはいえないが、

ハイボールにはめっぽう強く、何よりもコーチングの良さが目立っている。

 

Marvin Schwabe2016

今季も2番手GKとしてチャンスをうかがう。昨シーズンはリーグ戦にも2試合出場。

能力ではHeimannに及ばないが、カップ戦などに起用予定。

 


 

DF

Fabian Stenzel2016

監督就任の年に獲得したので、今季で在籍6シーズン目。

昨シーズンもほぼ途中出場ながら20試合に出場。能力的にはきついはずだが、頼れる選手。

Gotzがレンタルで移籍したので、今季も昨シーズン並みの出場機会はあるだろう。

 

Jan Bachmann2016

監督就任1年目の2011-12シーズンに、ユースに入団した生え抜き選手。

毎年順調な成長を見せ、武器といえるスピード&運動量に、及第点のポジショニング&DF能力。

昨シーズン31試合出場で7.05と1部でも通用することを正銘。DRのレギュラー。

 

Marvin Plattenhardt2016

昨シーズンもDLのレギュラーとして起用も、細かい怪我が多く出場は21試合に止まる。

負傷も多いが、試合中の負傷マーク→試合後問題なしも多く、完全にスペランカーの仲間入り。

かといって起用した試合で際だった活躍を見せているわけでもないので、今季も安泰かは不明。

 

Thomas Birk2016

一昨年に続き、昨シーズンもリーグ戦出場は10試合に止まった。

Stenzel同様、能力的には1部では見劣りするものの、起用すれば安定したパフォーマンスを披露。

Plattenhardtの負傷の多さもあり、出場機会は昨シーズンより増えるかも。

 

Jens Dennhardt2016

昨年加入し、リーグ戦は2試合出場。出場機会を求め、冬からはErfurt(3部)にレンタル。

技術面はともかく、サイドの選手としてはもう少しスピードが伸びてほしい。

Plattenhardtの処遇次第では、育成も兼ねてDLで積極的に起用するかも。

 

Willi Orban2016

1部でも安定したパフォーマンスを見せ、34試合で7.07。ケムニッツ守備陣の要。

唯一の難点は、集中力の低さで試合終盤にポカが目立ち、1部レベルでは失点につながる事も多かった。

勝利意欲も低く、試合の展開次第では終盤は交代させたほうがいいかもしれない。

 

Benjamin Hubner2016

Orbanとのセンターコンビでケムニッツを支える頼れるキャプテン。

昨シーズンも33試合に出場6.98とOrbanにやや劣るが安定したパフォーマンスを見せた。

ハイボールに強く、セットプレイでは打点の高いヘディングでゴールを奪う。今季も当然キャプテン。

 

Marcel Wike2016

頼れるセンターのバックアッパー・・・なのだが昨シーズンは途中出場13試合で6.39

足元の技術が壊滅的だけに、1部で戦うにはちとつらいのか?

空気の読めない若手DC Thomasがレンタルにでたので、今季も3番手。最悪の場合は緊急補強か?

 


 

MC

Michel Schmoller2016

昨シーズンはErnstの加入などもあり、ポジション争いが激化。13試合の出場に止まる。

守備的な役割のMarxが引退、Ernstも37歳と衰えが見え、今季は守備的なMCとしては1番手。

 

Fabian Ernst2016

昨シーズンはリーグ戦20試合に出場のほか、若手への指導役としても活躍。

さすがにフィジカル面の衰えは隠せなくなってきたが、そこは豊富な経験でカバーしてほしい。

 

Florian Hornig2016

元祖スペランカー。移籍リストに掲載も移籍先決まらず。

 

Kevin Holzweiler2016

昨シーズンも中盤から攻撃の起点として活躍。

アシストは減ったがパス成功率は高く、1部でも通用する所を見せた。

今季も彼のパスから、ケムニッツの攻撃は始まる。

 

新加入

Pavlos Tsakirellis2016

ドルトムントユース出身、プロ契約ならず、放出された所を獲得。

守備意識がやや低そうだが、他は現状でも比較的高い能力を有している。

コーチの評価では、伸びしろも相当あるらしく、まずはHolzweilerのバックアップとして期待。

 

Max Heinze2016

昨シーズンユースからトップチームに昇格、途中出場ながら4試合に出場。

成長はしているが、現在の能力&伸びしろを考えるとレギュラーは厳しいか?

中盤の層は薄いだけにまったく出番がない、ということはないだろう。レンタルの可能性もあり。

 

Simon Tuting2016

年々出場機会が減り、本人希望もあり移籍リスト掲載。残念ながら移籍先が決らず。

契約も残っているので、今季はカップ戦などに起用する予定。

 

新加入

Manoelzinho2016

昨シーズン、レンタルでグレミオから加入、活躍が認められ冬に移籍金270Mで完全移籍。

小柄ながら、スピードがあり、ブラジル人らしいテクニックを有する。

昨シーズンはMauckschと頻繁にポジションをチェンジし、相手を翻弄していた。

またMCやDMだけでなくDLまでこなす器用な一面も。当然ドイツ国籍所有。

 

Roman Abdurakhmanov2016

ケムニッツユース出身の生え抜きも、代表ではロシアを選択し、ロシアU21代表。(ドイツ国籍所有)

昨シーズンは自己最多の30試合に出場。18試合が途中出場ながら9得点。

最大の武器のスピードを活かし、スペースへの飛び出しでゴールを奪う。ケムニッツのジョーカー。

 

Jens Maucksch2016

1部初挑戦となった昨シーズン、34試合14得点13アシスト7.29と大活躍。

年間ベストイレブン、最優秀U19を受賞したワンダーボーイ。

それまでプレイした経験のなかった右ウイングを難なくこなし、ケムニッツ攻撃陣を牽引。

ケムニッツとは激しいライバル関係にあるDresdenユース出身であり、

入団時には様々な反応があったが、今や誰もが認めるケムニッツの中心選手に。

すでにドイツ国内以外からも注目されており、チームは高額の最低移籍金を設定し流出を阻止する。

 

Christian Mauersberger2016

ユース生え抜きで、これまで順調にステップしてきたが、昨シーズンは8試合と出場に止まる。

Vollmannの移籍はチャンス、今季アピールできないとそろそろ辛くなってくるか。

 

新加入

Ashkan Dejagah2016

昨シーズン、ヴォルフスブルグからレンタルで加入。

本職の右ウイングではなく、左ウイングで主に起用も28試合7得点6アシスト7.10と活躍。

両利きと器用で、両サイドにトップ下、FWまでこなす非常に使いやすい選手。

ヴォルフスから評価額の3分の1の移籍金85Mで獲得。

しかも本人はヴォルフス時代よりも、年俸ダウンでの加入。ありがたやー。

 

Dennis Dowidat2016

チームに加入後は、左ウイングのレギュラーを獲得、将来有望だったが・・・十字軍最後の犠牲者。

移籍リストに掲載も当然移籍先は見つからず。契約満了までゆっくりしていってね。

 


 

FW

新加入

Sven Schipplock2016

昨シーズンは、リーグ戦開幕後、移籍期間ギリギリにHoffenheimからレンタル加入。

24試合7得点3アシスト6.70大活躍とはいかなかったが、ターゲットとしては及第点。

ホッフェンハイムとの契約がきれ、フリーになった所を獲得。

当初は賃金で折り合いがつかず、諦めていたが最終的には大幅に譲歩してくれた。

今季もエースとして期待・・・しているが、強力なライバルの加入でまずはレギュラー争いから。

 

レンタル加入

Julian Schieber2016

昨年に続き、レンタルにて即戦力の獲得に成功。レンタル料23M賃金50%負担。

ドイツ人限定で考えるとCFが人材難(代表クラスは移籍金&賃金的に無理)なだけに、

正直シーバーさんクラスがレンタルで獲得できるとは嬉しい誤算ですね。

リアルでは昨シーズンはシュツッツガルドで岡崎選手と左サイドのポジションを争い、

今季はドルトムントに移籍してレヴァンドフスキ選手の控えかな?

基本は彼をCFの1番手に考えていますが、二人で争わせる予定。

・・・しかしこの写真で、ロイスと同じ歳とか・・・・絶対に嘘だ!・・・といいたくなりません?w

 


補強は、昨シーズンレンタル組の獲得がメインで、唯一の新戦力といえるのがFWのシーバーだけですね。

それでもFW陣はForsterにSchneiderと、チーム生え抜きの2人が、共にチームを去りました。

散々ネタにしてきましたし、少しさみしいものはありますが、ようやく1部仕様のチームになったかな。

 

Marxの引退などもあり、中盤がやや物足りないのですが・・・こちらはレンタル補強に大失敗。

数人のベテラン選手にオファーをだしたのですが、悉く振られました。

完全移籍だと移籍金をなんとかねん出しても、賃金が払えないんだよー。

 

それでも全体を見れば・・・昨シーズンよりも成績は残せる・・・と思っていますがどうでしょう?

 

次回からはいよいよシーズン開幕、昨年に続き、移籍期間ギリギリでの補強が・・・?

  1. 2012/09/28(金) 17:59:08|
  2. ケムニッツFC 16-17
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Chemnitz FC編 16-17シーズン 前編

FM1516_06_01

現在まだ6月。順位賞金が出た後なので、大幅な黒字になってます。

施設関連で1.51Bも使っても黒字とか1部様様ですな。

 

FM1516_06_02

年間ベストイレブンに選ばれたのですから、当然の選出ですね。

 

FM1516_06_04

昨年は53.66Mですから、1.5倍以上の増加。

昨年との違いはスタジアムの収容人数?でもまだ増築終了してないはずだし?

 

 FM1516_06_05

サブキットスポンサーが昨年の85Mから120Mに増額して契約。

でもね?メインスポンサーが7年契約で130M(残り6年)

サブキットスポンサー1年契約で120M・・・

 

やっぱりチーム売却前に前理事長と最後の肉体言語的話し合いをしておくべきだった・・・

 

FM1516_06_06

昨シーズンから人件費で200M、移籍金で180Mほど増加はしましたが・・・

今季は7000席増える予定のスタジアムからのチケット収入こそ増加は見込めますが、

他に収益増を見込める要素はないですし、資金面はしばらくきついですね。

ほんと、なんで130Mで7年契約のメインスポンサーとか契約したかね、前理事長は・・・。

それだけに、なんとかCL出場権を確保し、来季は大幅な収入増を狙いたい。

 

FM1516_06_07

維持というか、リアルなら4枠ですから!減ってますから!

なんとかイタリアからCL枠を奪い返せないかなー

 

FM1516_06_08

1位は王者バイエルンの5.8B・・・ケムニッツの20倍以上ですか、そうですか。

これだけの収入をもらってるんだから、もう少しCLでも活躍してください!

せめてリーグ平均の1.62Bに近づきたいなー・・・

 

FM1516_06_10

あれ?何気に昨シーズンより0.1B(100M)減ってる?

リーグのランクとかが影響するんですかね?

 

FM1516_06_11

中位に入るでこの予算かー・・・多少は財力に余裕ありますが、

目標を無理に引き上げてまでお金を使う必要もないので、中位に入るを選択

 

FM1516_06_12

昇格1年目が2000-1でしたから、1年で評価が急上昇ですね(笑

でも、中の上で終わるつもりはさらさらないけどなー

 

FM1516_06_09

昨シーズンのファンが選んだMVPは当然この人、説明?いらんでしょw

 

選手関連の人事は後編に回すとして、オフシーズン中のネタ

 

フランスで開催されたEURO2016

ドイツ代表はグループCでベラルーシ、スウェーデン、ベルギーと対戦。

グループリーグ突破は確実と見られたが、初戦のベラルーシにこそ勝利したものの、その後連敗。

まさかのグループリーグ敗退となり、Joachim Low監督は大会終了後に辞任。

失意のどん底に叩き落とされた、代表を救うべくLowの後任に選ばれたのは・・・この漢!

 

FM1617_07_03

カーン様、代表監督就任キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

一昔前とは違い、スマートな感じがするテクニシャン揃いの代表に闘将とか胸熱!

・・・見てみたいけど、絶対合わない気がするのは私だけじゃないはずwww

 

いっぽう、戦術的には疑問だらけもチームを3連覇に導いたカーンを失った王者バイエルン。

その後任監督に選ばれたのは・・・

 

FM1617_07_07

王者バイエルンから監督就任のオファーキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

移籍金で約5倍、人件費で約11倍ですか・・・

・・・

・・・・

・・・・・

 

ケムニッツの活躍はこれからだ!次回ryoku監督の活躍にご期待ください!

 

後編に続きます。(笑

  1. 2012/09/24(月) 14:32:44|
  2. ケムニッツFC 16-17
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Chemnitz FC編 15-16シーズン 個人成績

FM1516_06_15 

評価点は最後まで優勝を争ったバイエルン&ドルトムントの選手が中心。

得点ランク5位のマインツのエース、Petrosはエリトリア出身の渡り鳥、

得点王に輝いたハンブルガーのTakacsはスロバキアの産んだ怪物。共に架空選手ですね。

 

面白いのはTakacsとPetrosのこれまでの経歴の違い。

 

TakacsはFC Nitra(スロバキア)で3シーズンを過ごし大活躍、昨シーズン87.5MでHSVに移籍。

リザーブでも35試合23得点13アシストと大暴れで、シーズン終盤にトップチームに合流。

9試合6得点と、ここでも結果を残し、今季は開幕からエースとした活躍したエリート。

 

いっぽうPetrosは、ここまではまさに渡り鳥といえる苦労人。

11-12シーズンに、トライアルでVit.Setubal(ポルトガル)に入団も1年で自由契約。

12-13シーズンはTrofense(ポルトガル2部)に加入

ここでの活躍で移籍金45MでFCPに入団。この年はポルトでは、4試合に出場。

13-14シーズンはAS Monaco(フランス2部)にレンタルにだされ16試合8得点。

14-15シーズンは170MでToulouse(フランス2部)に移籍、22試合6得点。

そして今季マインツが330Mで獲得、大ブレイク。

 

エリートTakacs

FM1516_06_18

渡り鳥Petros

FM1516_06_19

ふたりとも、僕と契約して、ドイツ国籍を取得してよ!

ん?某監督に頼んだらパスポート偽造してくれるか?w

 

嘆いてもしょうがないので、ケムニッツの選手に話を戻すと、

アシストランク2位タイにMaucksch、パス成功率3位にHolzweilerがランクイン。

派手さはなくなったけど、攻撃の起点としてHolzweilerのパス成功率は誇らしい。

ワンダーボーイMauckschは、何処まで成長してくれるか楽しみです。

 

ケムニッツFC個人成績

FM1516_06_16

今季トップチームで出場のあった選手一覧。並びは出場試合数。

Manoelzinhoは、冬にレンタルから完全移籍したので、データは加入後のみになっており、

トータルだと、32試合出場、5得点、6アシスト、6.96

 

左ウイングのレギュラーを務めたDejagahも28試合で7得点6アシスト7.10と活躍。

彼もレンタル加入だけに、この後、完全移籍交渉の予定。

 

同じくレンタルで加入したSchipplockは、24試合7得点3アシスト6.70

スーパーサブのAbdurakhmanovが9得点ですから、正直物足りない数字ですが、

彼以上のFWがチームにいないのが現状。

レンタル元のホッフェンハイムとの契約は今シーズンで満了でフリーで獲得が可能なので

この後、入団交渉をする予定だが、ネックは現状130Mの年俸。

 

そしてなんといっても、今季のチームの好成績はワンダーボーイJens Mauckschの大活躍

34試合で14得点13アシスト7.29 年間ベストイレブンにも選ばれた末恐ろしい19歳。

なれない右ウイングでの大車輪の活躍に100点満点。

 

監督が選ぶ年間MVP

Jens Maucksch2015

もはや、説明は不要でしょう、彼以外にいません。

 

年間トレーニングレポート

 FM1516_05_12

今季も、若手は良い成長をみせましたが、引退を決めたMarx、ベテランのErnstに交じって

怪我の影響でSchneiderまで衰えが見えているのが、かなり残念。

 

今回はワンダーボーイMauckschの入団当初(昨シーズン始め)から今季開幕、今季終了時点の3枚

 

入団直後

Jens Maucksch2014 

今季開幕時点

Jens Maucksch2015 

今シーズン終了時点

FM1516_06_17

グラフの大きさだけでも、素晴らしく成長しているのがわかります。

数字上も大抵のパラが、加入時より2以上上がっており、表記は1-20ですが、

内部データではもっと細かく分かれているそうですので、実際はもっと成長しているのかな?

これだけの急成長をみせても、まだまだ伸びしろもありそうな19歳。

来季も彼がチームの中心として、ケムニッツの攻撃陣を牽引してくれるでしょう。

 

15-16シーズン総括

1部リーグでの初めての戦いでしたが、降格争いに巻き込まれることなく戦えたのはよかったです。

DF陣は、さすがにこれまで通りの鉄壁とはいきませんでしたが、良く守ってくれましたし、

相変わらずFW陣の得点力は物足りないですが、2列目の3人の攻撃でだいぶ補えました。

選手個々を見れば、正直バイエルンやドルトムントとの差はありますが、

今季を見た限り、戦術次第では十分戦えそうですし、何よりもカーン様率いるバイエルンは・・・

あのシステムであのメンバーなら、来季も相当取りこぼすだろうと予想。

勝ち点64で優勝となった今季は大混戦でしたが、来季もある程度の混戦になると思いますし、

2年目の目標としては・・・・CL出場権確保!ですかね~。

問題はリアルとは違って、現状のドイツだと3位までにはいらないといけないことか~

 

次回からはケムニッツでの6年目のシーズンがスタート! 遂にあの選手との別れの時が・・・

  1. 2012/09/23(日) 16:27:55|
  2. ケムニッツFC 15-16
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

Chemnitz FC編 15-16シーズン 4月~リーグ戦終了

FM1516_04_01

最近不調の守護神Heimannへ、一部サポーターが不満を持っているようです。

たしかにチョンボはありますが、現状彼以上のGKは獲得できそうもないしな~

 

4月の公式戦成績

FM1516_04_07

今月初戦のフランクフルト戦こそ勝利したものの、その後躓き1勝2分け2敗。

攻撃陣が不調に、守備陣も少し下降線。5試合で2度もオウンゴールがあったしなー。

残念ながらCLもELも難しそうですね。

 

その他の出来事

FM1516_04_03

獲得当初はレジスタ的な働きを期待していましたが、さほどインパクトを残せず。

シーズン終了後の移籍の許可はしましたが、契約満了での放出になるかな。

 

FM1516_04_02

FM1516_04_04

Schmollerは、今月初めのフランクフルト戦での軽傷なのですでに復帰。

Bachmannは・・・シーズン終了ですね、お疲れ様。

 

4月のMVP

なしで。


FM1516_05_01

2カ月連続でサポーターに駄目だしをされる守護神Heimann。むむむ。

 

5月の公式戦成績

FM1516_05_13

開始1分に香川に先制点を許しましたが、見事に逆転勝利したドルトムント戦。

なのに今季最終戦は、0-2から一度は逆転も、終盤再逆転を許し敗戦で今季終了。

 

15-16シーズン最終成績

FM1516_05_14

昇格1年目の最終順位は7位。シーズン通して降格ラインに近づく事はなく、上出来でしょう。

攻撃陣は、予想よりは得点出来ていますが、シーズン終盤に崩れだした守備陣がやや不安。

来季は基本の4-2-3-1の他に、もうひとつくらい戦術を用意してもいいかもしれません。

 

その他の出来事

FM1516_05_04

今季も優勝はカーン監督率いる王者バイエルン。3連覇はお見事です。

ただし、今季対戦した手ごたえとしては十分戦えそうだけに来季こそは・・・

 

FM1516_05_05

2部優勝の賞金が820Mでしたから、7位でも賞金額3倍、ホクホクですね。

 

FM1516_05_07

FM1516_05_08

この賞金を使い、理事会主導でスタジアムの拡張&ユース施設の増強が決定。

1万5000人のスタジアムは毎試合ほぼ満員でしたし、来季は多少収入が増そうです。

 

FM1516_05_09

FM1516_05_10

最初見たときは「なんで同じ事を2回いわれてるんだ?」と、スキル英語読解力0が発動しましたが、

年間最優秀監督と、選手の選ぶ年間最優秀監督(であってますよね?w)を受賞。

 

FM1516_05_06

今季のチーム成績はワンダーボーイMauckschの活躍が大きいですね。

 

FM1516_05_11

チーム加入2年目、19歳になったばかりですが、今季のベストイレブンにも選ばれました。

チーム事情&適性を考慮した、右ウイングへのコンバートでしたが、結果大成功でした。

 

FM1516_05_15 FM1516_05_16

まだまだ、ポジションに完全になれた訳ではないのにこの活躍。来年以降が更に楽しみです。^^

 

FM1516_05_03

契約条項が発動し、来季1年の契約延長を勝ち取ったErnst。

フィジカルに多少の衰えは見えても、来季も戦力として計算してますので、よろしく!

 

FM1516_05_02

いっぽう、昨年の復活で開幕直後はスタメンだったForster。

出場した試合の低パフォーマンス&大怪我で、その後は完全に監督の構想外・・・。

功労者ですが、来シーズンは・・・難しいでしょうね。

 

次回、個人成績にて5年目は終了、来年は目標は大きく・・・

  1. 2012/09/22(土) 13:59:34|
  2. ケムニッツFC 15-16
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Chemnitz FC編 15-16シーズン 3月

FM1516_03_01

先月チームは好調でしたが、さすがに6失点したバイエルン戦にはご立腹らしい。

昇格1年目に、現在2連覇中の王者に、ホームでは勝てたんだからいいじゃないですか。

 

FM1516_03_03

FM1516_03_04

今年もユース選手の入団の時期になりました。

最近は取り上げるほどの若手が入ってこないのがさみしいですね。

数年後には監督が驚くくらい成長してるといいのですが。

 

3月の公式戦成績

FM1516_03_07

先月に続き、今月も3勝1敗と好調をキープ。

唯一黒星のシャルケ戦が、またもや大敗ですが、フンテラール師匠がまったく止められなかった。

始めてプレイしたFM2010、ACミランにいた師匠を全然止められなかったのを思い出した。

 

その他の出来事

FM1516_03_02

降格の危険がなくなり、目標が微妙な状況なので、ベンチは若手優先に。

チャンスを掴んで大きく成長してくれ。

 

FM1516_03_05

さすが ロシアの強豪、人件費が半端ない。

リアルでは今季、ポルトガルからフッキにヴィツェルと今年も大型補強をしました。

個人的に好きな、ブルーノアウヴェスさんもいるし、ちょっと魅力的。

だけど、今ケムニッツを離れるわけにはいかないでしょう、たとえ人件費予算が7分の1でもw

 

FM1516_03_06

今季もスーパーサブとして活躍中のAbdurakhmanovが、契約条件のアップを要求・・・

現状の年俸を確認・・・要求額で契約更新しました。

ユース出身で活躍してたから、現状が想像以上に安かった。今後も活躍してね。

 

3月終了時順位表

 FM1516_03_08

先月から順位を2つあげ、6位。もしかするとEL、更にはCLの可能性も!・・・ないなw

 

今月のMVP

Roman Abdurakhmanov2015

契約更新もしてやる気が上がったか、今月大活躍のAbdurakhmanovを選出

今月最初のカイザースラウテルン戦は後半から出場して1アシスト。

続くシャルケ戦でも途中出場からチーム唯一となる得点を挙げる。

ニュルンベルク戦は、1トップとして出場し2得点、MOMも獲得。

今月、3得点3アシスト1MOM,スタメンでも途中交代でも結果をだせる頼れる選手です。

ちなみに画像はシーズン初めの選手紹介の時のものなので、年俸は契約更新前ですw

  1. 2012/09/22(土) 12:40:18|
  2. ケムニッツFC 15-16
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Chemnitz FC編 15-16シーズン 2月

FM1516_02_01

テンションはあがらなくても、日程が進めばリーグも再開するわけで・・・

 

2月の公式戦成績

FM1516_02_05

今月は攻撃陣の調子がよく、3勝1敗となかなかの成績。

全試合で失点と、少し守備陣が不安定でしたが、ここまでの働きを考えればせめれません。

今月最後の試合だったバイエルン戦は大敗でしたが、個人能力の差でやられましたね。

ベンチまでみてもワールドクラスの選手ばかりですから、一度火が付いたら現状では対抗できません。

 

今月の怪我人

FM1516_02_02

今季での引退を表明したMarxが、練習中にDejagahと接触して軽傷。

共にベテランで練習から気合がはいりすぎたかな?

 

2月終了時順位表

FM1516_02_06

今月は3勝をあげたものの、順位は8位。

現在首位のドルトムントがすでに7敗、2位、バイエルンも5敗とかなりの混戦ですね。

現在の状況を考えると、ケムニッツはELの出場権獲得の可能性はありますが、

おそらくは10位前後に落ち着きそうと、正直テンション的には一番微妙な所です。^^;

 

今月のMVP

Jens Maucksch2015

今月はこの人しかいません。ワンダーボーイMaucksch。

ブレーメン戦は2アシスト、続くフライブルグ戦は2得点2アシストでMOM。

そしてハノーバー戦では、4アシストでMOM。今月2得点8アシスト2MOMは驚異的な数字。

選手としてもメキメキ成長しており、今現在一番見ていて楽しい選手ですね。

  1. 2012/09/21(金) 20:55:25|
  2. ケムニッツFC 15-16
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Chemnitz FC編 15-16シーズン 冬の移籍期間

 FM1516_12_01_01

FM1516_12_01_03

先月から続いている買収交渉は今だ決着つかず。

現会長がもっともらしい事をいっていますが、それならこんな時期に買収交渉するなよ!

 

FM1516_12_01_08

結局買収交渉が続いた状態で1月に・・・

ソウデスネー、シンボウスルシカナイデスネー( #゚Д゚)y─┛~~

 

FM1516_12_01_05

残念!ケムニッツの移籍期間はまだ始ってない!

 

FM1516_12_01_06

目標?はいはい、降格回避、降格回避・・・

 

・・・

・・・・

・・・・・

 

FM1516_12_01_12

FM1516_12_01_13

イライラのあまり、ポチポチと日程送ってたら肝心なスクショを撮り忘れるという・・・

1月14日にようやく買収交渉が終わり、新たにMarkus Ullrichが会長に就任

しかし、この出遅れのおかげで目をつけていた選手は契約延長してたりするわけですよ・・・

とりあえず、会長はそこに正座してみようか?(#^ω^)ピキピキ

 

冬の中断期間の主な出来事

 

FM1516_12_01_16

今季も中盤の汗欠き役として活躍中のThorben Marxが引退を決意

これには正直驚きました・・・今季も普通に活躍しているのに・・・

中盤での地味な役割を堅実とこなすだけでなく、年長として若手の指導者としても活躍。

 

FM1516_12_01_04

彼が引退を決意する数日前には、指導を受けていたHeinzeから感謝のコメントが。

今シーズンいっぱいとの事なので、残りのリーグ戦でも活躍に期待しています。

 

FM1516_12_01_11

Marxの指導で目覚ましい成長を見せたMax(名前が紛らわしいw)

 

FM1516_12_01_02

今月最初に来たニュースが実はこれ・・・さすが元祖スペランカー空気なんて読まないぜ!

たしか、移籍を容認したと思いますが・・・正直どうでもいい

0Mで他クラブオファーしても、引き取り先がないので、現状維持ですね~。

 

FM1516_12_01_10

先月空気を読めずに、監督を激怒させた若手のThomasがDuisburgにレンタル移籍。

監督が使うしかないくらい成長してくるといいと思うよ(そうしたら高値で売却するけど

 

FM1516_12_01_14

期限付きリストに載せていたDFのDennhardtにもオファーが来たのでレンタルでErfurtへ。

 

獲得

FM1516_12_01_15

新会長は、チームの補強を妨害したわりには、追加予算もくれなかったので、

レンタル中のAC Manoelzinhoの移籍をGremioと交渉。移籍予算ぎりぎりの270Mで獲得。

移籍予算はほぼなくなりましたが、きっと新会長が、夏にはたくさん予算をくれるはず!

またこの補強により、今季ARで起用していたMauckschを本格的にコンバート決定。

 

ちなみに、前半戦の主な選手の個人成績(リーグ戦)

FM1516_12_01_19

攻撃陣ではなんといってもJens Mauckschの活躍が目立った。

不慣れな右ウイングでの起用ながら、5得点4アシスト7.21はすべてチーム1位

しかし、17試合でチーム全体で20得点、予想通り攻撃陣は苦戦中。

 

DF陣では、ユース出身の右サイドバックJan Bachmannの評価7.11が目立つ。

しかし攻撃的なサイドバックではないので、試合での印象はそこまでなかったり。

監督も気がつかない所で良い働きをしていたんだろう・・・きっとそうだw

ここまで18失点は1試合1点ちょいで、リーグ全体でも7位タイ。

クリーンシートも8試合あり、今季ここまでの好成績は、やはりDF陣の活躍が大きい。

 

冬に戦力補強はできなかった関係上、大幅に攻撃力が上がる可能性は低く、

後半戦もDF陣のがんばりが順位に直結する、今までと同じ展開になると思われる。

 

楽しいはずの冬の補強期間を理事会に妨害され、モチベーションが上がらないryoku監督。

そんな状況でも日程は進むわけで・・・次回からリーグ戦再開です。

  1. 2012/09/19(水) 13:53:21|
  2. ケムニッツFC 15-16
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Chemnitz FC編 15-16シーズン 11-12月

FM1516_11_01

先月は試合のTV中継や、カップ戦の賞金のおかげで40Mの黒字。

カップ戦を勝ち残ってればもう少し稼げたのにな~

 

11月の公式戦成績

FM1516_11_06

今月はリーグ戦は3試合。間に組んだフレンドリーマッチで大敗してたりしますが、

リーグ戦は2勝1敗とまずまずの成績で、勝ち点6ゲット。

昇格1年目としては順調な滑り出しなのですが、ここで気になる噂が・・・

 

FM1516_11_02

 

会長!?このタイミングでクラブ売却ですか!?

手放すなら、初の1部昇格で今季も好調な今との考えもわからなくもないですが・・・

 

この後から買収交渉とか・・・確実に冬の移籍期間つぶされますよね?(汗

 

あまりの会長のKYっぷりに、思わず唖然としつつも状況を見守るしかないわけで・・・

 

11月のその他の出来事

FM1516_11_03

キャプテン!あなたがいないと守備が崩壊するんですから、ほんときをつけて!

 

FM1516_11_04

FM1516_11_05

そして、今月も最後となったStuttgart戦は大荒れの試合内容。

先制点をアシストしたDL Plattenhardtに、ゲームメーカーHolzweilerが負傷退場。

靱帯損傷で5-6週に、でん部の負傷で専門医の治療で2カ月とか・・・この辺でイライラがMAX

唯一の救いは、12月の試合を消化すれば、リーグ戦が中断することですね。

 


FM1516_12_01

とりあえず微妙に赤字ですが、正直今はそれどころじゃないのでスルー

 

12月の公式戦成績

FM1516_12_06

色々とごたごたしていて、選手も集中力を欠いたか、今月は1勝2敗。

最終戦のFurth戦を勝利出来てよかった。Dortmund戦もアウェーですし上出来かな~。

 

12月の主な出来事

FM1516_12_02

 

・・・・・・・・・

 

FM1516_12_03

12月6日、買収交渉の進行中との話のすぐあとに移籍禁止が決定される・・・

 

そーですか、そーですか、冬の移籍期間補強させないきですか

・・・

・・・・

・・・・・

( #゚Д゚)y─┛~~

 

12月のその他の出来事

FM1516_12_04

選手としてよりも、若手への指導に期待しての獲得でしたが、お疲れ様でした。

 

FM1516_12_05

今年最後の公式戦でも、しっかりFCこむらをアピール。

軽傷でしたし、この辺はまだ笑って済ませましたが・・・

 

FM1516_12_08

今季加入した若手のCB,Jorg Thomasがレギュラーを熱望し不満を表明・・・

あまりにもイライラする状況に、この空気の読めなさには思わず激怒。

契約解除すら考えましたが、自分をなだめレンタル先を探すと返答。

うん、レンタルいって帰ってこなくてもいいよ?

能力も、伸びしろもある選手ですが・・・うん、緊急事態でもなきゃチャンスはないかな~

 

12月終了時順位表

FM1516_12_07

試合数が1試合少ないチームが多々あるので、暫定順位ですが6位。

勝ち点差を考えると、10位まで落ちる可能性もありますが、まずまずの折り返しかな~。

選手達はがんばっていますが、監督のモチベーションを下げまくる理事会には困ったもので。

本当はボスマンとか、冬の補強も動きたかったんですけどね~。

このまま交渉が長引くなら、後半戦はある程度、流しプレイになるかもしれませんね~。

 

12月のMVP

監督の精神衛生上の問題でなしでw

  1. 2012/09/17(月) 12:58:53|
  2. ケムニッツFC 15-16
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

Chemnitz FC編 15-16シーズン 10月

FM1516_10_01

ん?Bremen戦の敗北?・・・それって8月の試合じゃないですかー。

9月負けなしだからって8月の試合の事をまだいうかと。

 

10月の公式戦成績

FM1516_10_08

リーグ戦4試合にカップ戦1試合と合計五試合

リーグ戦は1勝1敗2分け、カップ戦はFurthに敗れ2回戦で敗退となりました。

 

FM1516_10_06

2-0とリードしながらの逆転負けだけに、かなり悔しいのですが・・・

 

FM1516_10_07 FM1516_10_05

FCこむらの名に恥じぬ、Mauersbergerのこむら返りはともかく、

Schneiderのふくらはぎの筋肉断裂で全治3-4カ月は正直痛すぎる。

ハーフタイムにどんな激を飛ばされたのかはわかりませんが、後半ファールが急増し、

試合トータルだとケムニッツ9に対しFurthは17!そして二人の負傷退場も後半・・・

ほんと、勘弁してほしいですね・・・

 

9月は1人と怪我人が少なかったのですが・・・

FM1516_10_02

FM1516_10_03

FM1516_10_04

キャプテンHubnerは、試合中の怪我ですし、素直に軽傷ですんだ事に安堵しましたが、

若手二人は練習中の不用意な怪我ですからねー、Vollmannも怪我が癖になってるかな~。

 

10月終了時順位表

画像撮り忘れにつきなし。勝ち点を伸ばしきれず順位は10位まで後退。

 

10月のMVP

Jens Maucksch2015

今月最初の試合となったSchalke戦では、流れの中から2アシストを記録しMOMを獲得。

守備の崩壊で敗れはしましたが、続くNurnberg戦ではゴールをあげ、

唯一の勝利となったFrankfurt戦でも先制点となるPKを決め、今月2得点2アシストの活躍。

適性外の右ウイングでの起用ですが、まったく苦にしておらず想像以上の活躍をしてくれました。

入団2年目の18歳ですが、完全にケムニッツFCの攻撃の中心選手ですね。

  1. 2012/09/17(月) 00:31:47|
  2. ケムニッツFC 15-16
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Chemnitz FC編 15-16シーズン 9月

FM1516_09_01 

相変わらずの赤字ですが、1部昇格のおかげか金額的にはだいぶ減っていますね。

毎月この程度であれば、放映権料などのおかげで財政的には問題ないでしょう。

 

9月の公式戦成績

FM1516_09_03

公式戦は3試合、注目はホームでのバイエルン戦でしたが・・・見事に勝利。

今月の成績も2勝1分けと好調でした。

ちなみに、ケムニッツ戦でのバイエルンのシステム&メンバー

FM1516_09_05

バイエルンに4.65B(46億)の移籍金で加入したシュールレを初め、

スタメン&ベンチは豪華メンバーなのですが・・・バランス悪くない?特にFW陣。

ゴメス&ネグレドの2トップにベンチはシャマフにパンデフ。

箱庭内ではすでに全員30代ですし、それぞれはすぐれたストライカーですが、

圧倒的な空中戦の強さも、圧倒的なスピードもない。

正直、個人技で崩されなければなんとかなると思ってたら、想像通りの展開になりました。

ちなみにこの試合のデータ

FM1516_09_06

シュート本数、支配率でわずかに負けていますが、崩された形のシュートはほとんどなく

データ以上に内容は完勝でした。

このバイエルンが2連覇してる現状じゃ、CLの出場枠が1つ減ってるのもしょうがないのか。

うん、1部昇格して気がついたら、イタリアに逆転されて枠が4から3に減ってた・・・。

 

今月はネタも少ないので、本当は開幕でやる予定だった今季の戦術を少しだけ。

FM1516_09_07

基本フォーメーションは例年通り4-2-3-1を採用。

ラインは限りなく高く、オフサイドトラップ狙い。失敗したらHelmannさんに祈るのみ。

サイドから崩されるのが嫌いなので、基本サイドバックの役割設定は守備。

中盤Marxがひたすらボールを拾い、Holzweilerのパスから攻撃へ移行。

1トップのSchipplockは、ターゲットとしてひたすらつぶれ、得点は2列目の3人のひらめきだのみ。

うん、文章にしたらすごい酷い戦術になった。w

 

今季のちょっとした変更点は、トップ下のManoelzinhoと右サイドに移ったMaucksch。

この二人はポジションチェンジをするように指示しているので、試合中にたびたび入れ替わります。

Manoelzinhoは左利きなので、右サイドに移ると、うちに切れ込んできたりしますし、

Mauckschは本来トップ下の選手ですので、中央からも良い攻撃をしてくれています・・・ですが、

 

今季ARのレギュラーMaucksch君

FM1516_09_08 FM1516_09_09

 

レンタル加入でトップ下を務めるManoelzinho

 FM1516_09_10 FM1516_09_11

 

二人とも右ウイングの適性なんてないですけど、問題ない!・・・よね?w

 

9月のその他の出来事

FM1516_09_02

怪しいお店でジャンクフードでも食べたん?自己管理はしっかり頼むよ?

 

9月終了時順位表

FM1516_09_04

開幕直後は先行きが不安でしたが、今月は負けなしで、勝ち点11まで増やし5位。

1部でも守備陣は通用していますし、最悪でも降格はなさそうですね。

 

今月のMVP

Sven Schipplock2015

チームに合流まもないですが、デビュー戦となったHannover戦でいきなりゴールをあげ、

続くBayern戦でも、勝負を決める2点目のゴール。

今月3試合で2得点、いきなり結果をだしてくれました。

現状連携面などはまだまだですので、今後フィットしてくると更に活躍が期待できそうで楽しみです。

  1. 2012/09/15(土) 17:37:49|
  2. ケムニッツFC 15-16
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Chemnitz FC編 15-16シーズン 開幕

FM1516_08_01

クラブ初の1部昇格で、チームの名声も過去最大になっているようですね。

 

FM1516_08_03

2部時代よりは増えましたが、もう少し売れてもいいような?

スタジアムも15000人ですし、こんなものなのかな~。

 

FM1516_07_24

今季はリーグ戦もカップ戦も高額のボーナスを設定。ニンジンあげるから走ってね。

 

8月の公式戦成績

FM1516_08_09

開幕前にあったドイツカップの1回戦は勝利したものの、

リーグでは開幕から躓き、今月未勝利も覚悟しましたが、29日のFreiburg戦でなんとか初勝利。

しかし予想通りとはいえ、攻撃陣が酷過ぎる・・・勝利したFreiburg戦ですら・・・

 

FM1516_08_08

 

記者会見では決定力のない攻撃陣が突っ込まれていますが、それも当然

 

FM1516_08_12

シュート22本でようやく1点とか、もうどういう事なの?

 

8月の主な出来事

FM1516_08_04

どん!

 

FM1516_08_05

どどん!

 

FM1516_08_06

どどどん!

 

FM1516_08_07

開幕からいきなり4人負傷ってどういうこと?飛ばし過ぎだろう!

DLのPlattenhardtは、試合中の負傷とはいえ、どうやら完全なるスペランカー。

能力はチームのサイドバックとしてはNo1ですが、これだけ怪我が多いと・・・

 

挙句に点が取れないだけでも問題の攻撃陣から、Forsterも負傷で離脱・・・

さすがにこれはまずいとFWを探し、移籍期間ギリギリの31日に何とか獲得に成功したのが、

 

レンタル獲得

Sven Schipplock2015

ドイツ1部のHoffenheimから、レンタル料27.5M、年俸半分(65M)負担で獲得。

11-12シーズン29試合18得点、12-13シーズン28試合21得点と

エースとして活躍するも、13-14シーズンは怪我などもあり、19試合8得点。

14-15シーズンには監督の構想外になり、6試合2得点。移籍リストに掲載されていた。

 

まだ26歳と老け込む歳ではありませんし、1部でも2シーズン二桁得点と実績も十分。

Hoffenheimとの契約も今シーズンまでなので、活躍次第では冬にボスマンで完全移籍も検討中。

ケムニッツの1トップとして得点だけでなく、後ろを活かすポストプレイにも期待です。

 

8月終了時順位表

FM1516_08_10

まずは、1勝できた事を喜びましょう、そうしましょう。という事で現在12位。

1年で2部にUターンしないためにも、勝ち点を少しでも多く稼がなくては。

来月からSchipplockが大活躍!・・・してくれるはずw

  1. 2012/09/14(金) 18:00:05|
  2. ケムニッツFC 15-16
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Chemnitz FC編 15-16シーズン 開幕前 後編

FM1516_07_00

財政に余裕のあるうちに、頼めることは頼んでおこうと理事会要求

 

FM1516_07_05

FM1516_07_06

怪我防止にスタジアムの芝の張り替えと、ユース施設の増強を要望

共に、すんなり要求が通りました。

 

レンタル終了

 FM1516_07_03

FM1516_07_04

伸び悩みの二人がレンタル先から帰還・・・うーん出番は余りなかったようです。

現状ではチームに復帰してもポジション獲得は難しいし、どうしますかね~

 

FM1516_07_01

移籍希望も移籍先が決らず、レンタルにでていたBenkaritもチームに復帰。

FM1516_07_02 

言いたい放題ですが、27試合もチャンスもらって2得点のFWの言える発言なんだろうか。

リアルでも、似たような選手がいますが、なかなかの困ったチャンですな。

彼は引き続き、引き取り移籍先を探します。

 

続いて選手の獲得ですが、

FM1516_07_23

ふむ、私がライバルクラブであるAueの選手を獲得しようとしている。

サポーターはライバルクラブであるAueの選手がケムニッツのユニフォームを着るのが不満。

こういった反応は面白いですよね。

問題は・・・AueのTrajkovskiさんって誰?というくらい獲得の予定のないデマな事ですがw

 

では、改めて開幕までに決まった獲得選手。

FM1516_07_10

移籍リストに記載されている選手を眺めているときに発見。

現状の年俸110Mはきついので、駄目もとでレンタルオファーしたら・・・獲れちゃいました。

現役のイラン代表の選手ですが、デビューから一貫してドイツでプレーしており、ドイツ国籍を所有。

今季はレンタル料35Mに賃金を半分(55M)負担で獲得。

移籍リストにも掲載されていますし、可能ならシーズン終わりに買い取り予定です。

思いもよらぬ即戦力の獲得に、監督のテンションは上がりましたが・・・

 

FM1516_07_13

加入早々、プレシーズンマッチで負傷退場。

早速FCこむらに入会手続きをしてたのが、すごく不安です。

 

FM1516_07_15

フリーで元ドイツ代表のベテランセンターバック、Friedrichを獲得。

箱庭ではWolfsburg退団後に、イングランド2部のMillWallに入団、4シーズンを過ごした後に退団。

リアルは・・・まだWolfsburgなのかな?

マガトじーちゃんのチームは選手の出入りが多すぎて、選手名鑑みてもいまいちわからない。

さすがに36歳、正直戦力としては期待していませんが、

豊富な代表経験&模範的プロフェッショナルな性格を買い、若手への指導役として獲得。

若い選手が多いケムニッツには、彼のような選手は良い影響を与えてくれるでしょう。

 

FM1516_07_16

続いて、同じく元ドイツ代表のベテランErnstをフリーで獲得。

SchalkeからBesiktasに移籍後7シーズンを過ごし、今季フリーで久々のドイツ復帰です。

当然、彼にも豊富な経験&プロフェッショナルな性格で若手の指導役として期待していますが、

中盤の選手は、多少のスピードの衰えは問題ないと思っていますので、ローテで起用して行く予定。

FM1516_07_17

彼の獲得はサポーターも大満足。

 

FM1516_07_20

期限付き移籍が可能な選手のリストを眺めていて発見。

ブラジルのPorto Alegre出身の選手ですが、ドイツ国籍所有。

まだ19歳と若手ですが、現状でもすでにスタメンを張れる能力を有し、伸びしろも十分。

今回はレンタル料なし、賃金100%負担(5.6M)の格安条件で借りれましたが、

シーズンオフに可能ならGremioと移籍交渉をする予定。

彼の加入で今季の戦術がなんとなくイメージ出来てきた。

 

FM1516_07_21

元親クラブのNurnbergと契約延長せず、フリーになった所を獲得。

現状でもまずますの選手ですが、18歳ですし、今後の成長に期待ですね

 

FM1516_07_22

ドイツ3部のKielから移籍金22Mで獲得した若手のセンターバック。

伸びしろもあり、能力はすべての面で平均点以上はすでに備えている。

良い選手なのは間違いないのですが、まずは控えですね。

冷静になると、移籍金使ってまで獲得する必要があったか悩んだりするのはよくあること。

 

FM1516_07_27

開幕前の獲得選手は6人、最大の懸案事項のSTは、引き続き捜索&交渉中です。

 

一方の放出選手ですが、

FM1516_07_28

ユースやリザーブの選手で、トップ昇格の可能性がなさそうな選手数名と契約延長せず。

 

FM1516_07_09

昨年に続き、今季もレンタルにて放出。ちょっと戦力としては厳しそうだな~。

 

FM1516_07_14

一度は移籍決定と思われたが、相手の都合によりキャンセルされたBenkarit。

今季も最悪はレンタルで放出かと覚悟しつつ、再度他クラブへ移籍オファー。

 

FM1516_07_18

St.Pauliとの交渉成立時よりは移籍金が下がりましたが、何とか移籍決定。

金額に見合った活躍してくれるといいですね~。

Benkaritの移籍金70Mのおかげで、理事会から貰った移籍予算は、ほぼ手付かづ。

これで緊急の場合はちょっとした補強ができるかな?・・・ちょっときついか。

 

CFの問題が解決しないまま、不安を抱えつつ5年目のトップチームの選手紹介。


 

GK

Niclas Heimann2015

チーム在籍4年目の今季も、ケムニッツのゴールマウスを守る守護神。

空中戦には絶対の自信をもっている。

飛び出しにやや難があり、DFラインが高いケムニッツの戦術ではやや不安があるが、

抜群のコーチングでカバー。・・・してくれると信じてる。

 

Marvin Schwabe2015

今季もGKの2番手。順調な成長を見せるが、Heimannの牙城を崩すにはまだまだか。

Heimannの不調時や、カップ戦などに今季も起用予定。他クラブから以外に人気。

 


 

DF

Fabian Stenzel2015

年々出場数を減らしているが、監督の信頼度は高い。

消耗の激しいサイドバックだけに、今季も途中出場などで出番は多いだろう。

 

Jan Bachmann2015

ユース出身のサイドバック。昨シーズンは右サイドのレギュラーとして24試合に出場。

毎年順調な成長を見せ、将来を期待されている若手だが、自信過剰からか、たびたび不満を表明。

ついにはryoku監督が激怒し、一時は他クラブへの放出の話も出ていた。

その後に反省した事で騒動は収まったが、今季も問題を起こすようなら、放出される可能性も・・・。

 

Ashton Gotz2015

12-13シーズンに加入し、2シーズンは右サイドのレギュラーとして活躍したが、

昨シーズンはBachmannにレギュラーの座を譲る形になった。

今季はレギュラー奪回に、プレシーズンからアピールが必要だが、能力ダウンしてるのは評価下げるよ?

 

Marvin Plattenhardt2015

昨シーズンチームに加入すると、左サイドのレギュラーとして24試合に出場。

試合に出れば安定したパフォーマンスを見せるが、怪我が多いのがネック。

昨シーズン、練習中&試合中に軽傷だが3度の負傷。

この他にも負傷退場した試合もあり、怪我の多さが最大のネック。

 

Thomas Birk2015

昨シーズンは新加入のPlattenhardtにレギュラーの座を奪われ、リーグ戦は10試合の出場。

能力面ではやや劣るが、出場した試合でのパフォーマンスは負けておらず、

Plattenhardtの怪我の多さを考えれば、今季レギュラー返り咲きの可能性もあるだろう。

 

新加入

Jens Dennhardt2015

同じくNurnbergから加入した、Plattenhardtを超える潜在能力と期待の若手。

まずは、リザーブやカップ戦の出場で経験を積み、順調に成長してほしい。

 

Willi Orban2015

昨シーズンも高いパフォーマンスを見せ、年々他クラブの注目度も増すDFの中心選手。

両サイドバックもこなし、チームの守備の要だが、集中力の低さは変わらぬ課題。

今季は1部ということもあり、終盤に見せるポカが致命傷にならなければいいが・・・。

ちなみに彼とryoku監督の関係は良好だが、代理人とはたびたびもめており、

この辺が、彼の移籍の噂がなくならない理由の一つと言われている。

 

Benjamin Hubner2015

監督の信頼厚いケムニッツのキャプテン。DFラインの中心的人物。

空中戦に強く、セットプレイではターゲットとしてチームの貴重な得点源。

彼も移籍の噂が絶えないが、ケムニッツでのプレーに満足していると公言しており、

Orbanの移籍はあっても、彼が移籍することはないだろう、とはサポーターの評価である。

 

Marcel Wilke2015

昨シーズンも、センターバックの3番手として貴重な働きをみせた。

今季も変わらず、DFの3番手の評価だが、監督の信頼はあつい。

 

新加入

Arne Friedrich2015

ドイツ代表としても82試合の出場経験をもつ、ベテランセンターバック。

36歳とフィジカル面での衰えはさすがに隠せず、センターのバックアッパー。

豊富な経験と、模範的プロフェッショナルな性格で、若手への指導役として期待。

 

新加入

Jorg Thomas2015

3部のKielから加入した若手センターバック。ドイツU21代表。

潜在能力はOrbanと同程度と期待は大きい。現状では、カップ戦あたりで起用して成長に期待したい。

 


 

MC

Florian Hornig2015

元祖スペランカー・・・以上。

 

Thorben Marx2015

昨シーズンは25試合に先発出場し、中盤でボールゲッターとして活躍。

徐々に衰えも見えるが、今季も活躍に期待。後名前をずっとMaxだと思ってた。w

 

Michel Schmoller2015

Marxの加入で先発出場は減ったが、昨シーズンも21試合に出場。

中盤の汗欠き役、今季もローテーションでの起用予定。

 

新加入

Fabian Ernst2015

元ドイツ代表、実績十分のベテランボランチ。

36歳と、さすがにピークは過ぎ、毎試合スタメンは無理だろうが、ローテーションなら十分やれるはず。

守備能力だけでなく、パス技術も高く、ボールを奪った後の起点としても期待。

 

Simon Tuting2015

加入時から監督の評価が年々下がり続け、比例して出場試合数も減少。

今季は中盤の選手層も厚くなっており、更なる出場機会の減少が予想される。

 

Besar Halimi2015

加入3シーズン目、当初は期待されていたのだが・・・

メンタル&フィジカルはともかく、スキル面の低下がやたらと目に付く。

まだ20歳とはいえ、現状のままではチームへの残留すら厳しいだろう。

 

昇格

Marx Heinze2015

今季からトップチームに昇格。まだまだ能力面では物足りなく、

主にリザーブの試合に使いながら、今後の成長に期待。

 

Kevin Holzweiler2015

昨シーズンはトップ下からポジションを一列下げ、2部のアシスト王になったケムニッツの司令塔。

3列目から数多くのチャンスを作りだした。1部でどの程度やれるか、個人的にも注目している。

 

Jens Maucksch2015

昨シーズンは加入1年目ながら、26試合で7得点7アシスト、トップ下のレギュラーをつかんだ。

昨年はU19W杯や、U21代表など、代表召集での離脱が多かったが

今季は開幕から、攻撃の中心選手としての活躍が期待される末恐ろしい18歳。

プレシーズンマッチでは右ウイングとしてテストされており、今季の起用法にも注目が集まる。

 

Hakan Calhanoglu2015

入団時は、近い将来のトップ下のレギュラーと期待されていたのだが・・・

現在はスペランカー2号として完全なるネタ要員。

 

Roman Abdurakhmanov2015

昨シーズンは、主に試合終盤に1トップとして起用されることが多く、

また少ないプレイ時間でも結果を残し、6得点7アシスト、頼れるジョーカー。

 

レンタル加入

Manoelzinho2015

今季Gremioからレンタルで加入した、ブラジル生まれのテクニシャン。(当然ドイツ国籍持ち)

小柄だが、スピードが速く、左足のシュートは高い決定力を誇る。

Mauckschとトップ下のポジションを争うと見られたが、ryoku監督は二人の併用を考えているようだ。

 

Christian Mauersberger2015

昨シーズンは22試合で4得点、3アシスト、まずまずの活躍を見せたユース生え抜き選手。

今季は更なる活躍を見せ、レギュラーの座を確実にしたい所だが、プレシーズンマッチでは

Mauckschが右サイドに起用されており、昨シーズン以上のアピールが必要だろう。

 

Korbinian Vollmann2015

昨シーズンは、左右問わずウイングで22試合に出場、4得点2アシスト。

良い選手だが、アピールが少し足りない、というのが現状の評価だろう。

今季はポジション争いが昨年より激しくなるだけに、少ないチャンスで確実にアピールしたい。

 

Dennis Dowidat2015

加入した年こそ、左サイドの不動のレギュラーだったが、十字靱帯損傷の大怪我の影響は大きく、

昨シーズンは途中出場含め、わずか9試合の出場に止まる。

残念ながらプレーにも以前の切れはなく、現状は移籍リストに掲載されている。

 

Ronny Garbuschewski2015

昨シーズン、サポーターが選ぶチームMVPにも選出された、ケムニッツ攻撃陣の中心選手。

正確なCKからのアシストだけでなく、自らの得点能力も高く、また両利きで2列目なら何処でもこなす。

ぱっと見の能力だけなら、彼よりほかの選手のほうが優れて見えるが、彼より頼れる選手は昨年まで皆無。

今季は若手の育成優先なので、意図的に出場試合をセーブする予定。

 

レンタル加入

Ashkan Dejagah2015

Wolfsvurgからレンタルで獲得、本職は右ウイングだが、2列目にSTもこなせる万能型。

今シーズン終了後に完全移籍も検討しているので、積極的に左ウイングとして起用予定。

 


 

FW

Benjamin Forster2015

昨シーズンはチーム最多の11得点をあげ、エースに返り咲いた?

チーム生え抜きで、サポーターからも愛されてますが・・・1部で1トップとか本当に大丈夫か?

現在もストライカーの獲得に動いており、開幕からアピールしないとすぐにベンチに戻されるかも。

 

Jurgen Schneider2015

昨シーズンは怪我で出遅れ、気がつけば調子が上がらず。Forsterにスタメンの座を奪い返される。

個人での打開力ではForsterに勝てないだけに、正確なポストプレイでアピールしたい。

 


今季は過去最多の32人をトップチームに帯同して、ついに1部に挑戦です。

現状の人数が多いのは、今季で1部で通用する選手としない選手を篩にかける予定の為。

実際は縛りの関係もあるので、中々選手を切りにくいのもあります。

現状の問題点は間違いなく1トップですね。例年の事ですが。

まさか1部でForsterとSchneiderのレギュラー争いを見る羽目になるなんて予想もしてなかったよ!

今季も例年通り、攻撃陣に多大な不安を抱えつつ、次回からいよいよ1部開幕です。

  1. 2012/09/11(火) 16:44:40|
  2. ケムニッツFC 15-16
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Chemnitz FC編 15-16シーズン 開幕前 前編

 FM1415_05_08

前回載せ忘れましたが、2部の最優秀監督に選ばれました。

昨シーズンのチームの好調のおかげで、監督の知名度もだいぶ上がったようで、

FM1415_05_09

FM1415_06_02

ポルトガル1部のMaritimoとイングランド2部のEvertonからオファーが来ました。

Everton2部なのかー・・・と思ったら今季優勝して来季からはプレミア復帰ですね。

でもアフロが素敵なFellainiさんはすでにZenitに移籍しちゃってるし興味ないなー。

ポルトガルは、うん、リーグ的には久々にやってみてもいいかなー。

今回はオファーはうけませんけどね。

 

FM1415_06_03

この辺の基準はわかりませんが、去年と同額ですね。

現状のスタジアムなり、チーム人気なりでこれが限界なのかな?

 

FM1415_06_04

スポンサー料が大幅に増えたぞー!

でもね、130Mで7年契約は正直やり過ぎだと思うんだ・・・

今季は観客動員数も満員近くになりそうですし、収入の天井が見えてきましたね。

後は、リーグ戦で上位につけてCL出場権でも狙うしかないのか。

 

FM1415_06_05

昨シーズンから人件費が倍増で900M 移籍金は約5倍の377Mに増加。

1人くらいは移籍金を使った補強もできなくはないですね。

ただし、人件費は思ってるほど余裕はないですけど。

 

FM1415_06_08

2部の放映権料が393Mですから、だいたい3倍ですかー。

今季も毎月の赤字を放映権料&賞金で黒字にすることになりそうですね。

 

FM1415_06_07

人件費に余裕がない理由が↑

かなりの選手が、昇格に伴う賃金アップの契約してたんですよね。

しかも基本40%アップなので、意外ときつい。

 

FM1415_06_09

昨シーズン、新規に親クラブになったSchalkeとの提携が解消。

親と子が同一リーグですし、仕方がないですが・・・結局有効利用できませんでした。

 

FM1415_06_10

ようやく、スカウトが世界中で可能に。これでどんなに国もスカウト派遣できます。

今回の縛りプレイだと、恩恵は少ないですけど。

 

FM1415_06_11

優勝する!なら移籍金が700Mと倍近く貰えますが、さすがにきついですね。(笑

個人的には上位半分あたりには入れると思いますが、目標は降格を回避するを選択。

現状は財政に多少余裕がありますし、久々に理事会とお話合いでもしてみましょうか。

 

FM1415_06_12

昇格した喜びからか、放映権料で一時的に膨れ上がった財力からか、

要求が2つともすんなり通ってちょっとびっくり。結果・・・

 

FM1415_06_13

FM1415_06_14

まだまだ自慢できるほどの事はないですが、ユース関連の予算を増額。

これで少しでも良い若手がユースに加入してくれればよいのですが。

 

FM1415_06_15

本命は、Oliver Kahn監督が率いるリーグ2連覇中のBayern、続いてSammer監督のDortmund。

ちなみにリアルのDortmundの監督、Kloppは渡り歩いて現在Leverkusenの監督に就任。

他クラブの事は置いておいて、我らがケムニッツのオッズは2000-1、大穴ですね。

まあ、優勝予想のオッズと考えれば妥当ですかねー。でも降格はしないよ!

 

最後にサポーターが選んだ昨シーズンのチームMVP

FM1415_06_06

監督の選んだMVPと同じくGarbuschewskiが選出。

1部でも彼のセットプレイから得点が量産・・・されるといいなー。

次回は、今季の補強&選手紹介

  1. 2012/09/09(日) 20:44:45|
  2. ケムニッツFC 15-16
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Chemnitz FC編 14-15シーズン 個人成績

2部リーグ個人成績

FM1415_05_05

ケムニッツからは評価点の5位タイにキャプテンHubnerとWilkeが、

アシストランクは1位に司令塔Holzweilerがランクイン。ポジションを1列下げたのが成功しました。

そしてブログ作業して気がついたのが、1試合平均のタックル成功数の1位は、

ユーロ2012のオランダ代表で左サイドバックで評価の高かったWillems君じゃないですか。

今季はPSVからレンタルでIngolstadtに加入していたようです。

最終パッチないし、FM2013では、現在よりも更に評価が上がりそうな選手の1人ですね。

 

ケムニッツFC個人成績FM1415_05_10

チーム得点王は・・・まさかの元エースForster。

ライバルであるSchneiderの不調もあり、気がつけばチーム最多の11得点。

途中出場も多く、来季こそはエースとしての完全復活がなるか?

今季もキャプテンHubnerを中心としたDF陣は質の高いパフォーマンスを披露。

加入2年目となる小さな司令塔Holzweilerも、期待に答えてくれました。

 

監督の選ぶ今季MVP

Ronny Garbuschewski2014

昨シーズンは若手優先の方針もあり、ベンチスタートも多かったですが、

今季は開幕からスタメン起用。セットプレイキッカーとして7アシストはチーム2位。

更に自らも得点源としてチーム2位の10得点の大活躍。

スタメン20試合に途中出場2試合と出場数はやや少なめですが、

これは、チームが好調で、終盤戦では若手などを起用した為。

監督就任前からのケムニッツ所属選手、実際能力だけなら後から加入した選手に劣るはずですが、

試合に起用すると、彼以上に頼りになる2列目の選手は現状いませんね。

来季は1部昇格、さすがに能力的には辛いと思うのですが、普通に活躍できそうなきもします。

 

今季の年間トレーニングレポートFM1415_05_07

今季も選手達は全体的に良い成長をしたようです。その中から今回は二人を紹介。

まずはチームNo1の人気銘柄 Orban

4年目開幕

Willi Orban2014

4年目シーズン終了

FM1415_05_11

今季も全体的に良い成長をしました、中でも一番のネックだった集中力もようやく二桁。

練習メニューの関係もあるのか、ロングシュートが2年間で3も下がってるのも興味深いですね。

 

続いてはこの1年間で著しい成長を見せたMaucksch

4年目開幕

Jens Maucksch2014

4年目シーズン終了FM1415_05_12

報告通り全体的に素晴らしい成長を見せていますね。

中でもスタミナや強靭さなど基礎体力面の伸びが著しい。

まだ18歳ですが、加入1年目の今季は7得点7アシストと大活躍。

来季も更なる成長をしてくれるでしょうし、楽しみです。

 

14-15シーズン総括

リーグ戦の成績に関しては文句なしです。不安だった攻撃陣も、チーム得点でリーグ1位ですし。

ただし、1トップを務めるストライカーに多少の不安がある点は改善されておらず、

ついに1部になる来季は・・・Forster、Schneiderの二人は更に苦戦するでしょうね~。

守備陣はある程度は1部でもやってくれるでしょうし、来季も課題は攻撃陣のテコ入れですかね。

次回からは監督就任5シーズン目、ついに1部リーグに挑戦です。

  1. 2012/09/07(金) 18:18:36|
  2. ケムニッツFC 14-15
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Chemnitz FC編 14-15シーズン 4月~リーグ戦終了

FM1415_04_01

昇格が決まっても、安定と信頼の赤字経営。

 

4月の公式戦成績

FM1415_04_07

4月最初のKarlsruhe戦の勝利で優勝が決定。ホームで優勝できたのはよかったです。

続く1860Munchen戦は、優勝した気の緩みもあったでしょうし、負けなくてよかったかな。

 

FM1415_04_02

FM1415_04_03

FM1415_04_04

FM1415_04_05

先月にも同じようなコメントをたくさん貰った気がするので聞き流しておきましょうw

 

4月の怪我人

FM1415_04_06

こちらは優勝&昇格が決まっていますが、相手はまだ昇格争い中。結構激しくこられてました。

今季はお疲れ様でした~。相変わらずケムニッツの攻撃の核でしたね~。

 


FM1415_05_01

安定のあry。しかし損失大きいな~1部上がったら少しは減るのかな~?

 

5月の公式戦成績

FM1415_05_03

完全な消化試合に、若手を積極起用したりしてたら・・・最終節に負けました。

 

14-15シーズン最終成績

FM1415_05_04

最終節に今季2敗目をきっしましたが、それでも34試合で勝ち点86。圧倒的でしたね。

混戦だった2位争いにはFreiburg、ケムニッツと共に来季1部への昇格を決めました。

また3位には2年連続でGladbach、今季こそはプレイオフに勝利し1部復帰なるか?

 

5月の主な出来事

FM1415_05_02

順位賞金が出たぞー!これで今季増え続けた赤字も解消できますね。

 

FM1415_05_06

今年はユースチームも絶好調で、U19グループ1で優勝しました。

同じグループにバイエルンのU19などもいますので、ちょっと誇らしい。

Chris Gunther2015

得点だけでなく、セットプレイキッカーとして8アシストを記録。

現エース?Forsterより、数段優れた選手になれる潜在能力とコーチ陣にも期待されている。

 

監督就任5年目となる来季は、ついに1部に昇格。

次回、4年目の個人成績などをこれまで通りまとめ、4年目は終了となります。

  1. 2012/09/06(木) 17:59:27|
  2. ケムニッツFC 14-15
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Chemnitz FC編 14-15シーズン 3月

FM1415_03_01

昇格目前、さくさくいきましょう。先月も安定の赤字経営。

 

FM1415_03_02

FM1415_03_03

6名とユース契約。ただし来季から1部(予定)なので今まで以上に昇格への道は厳しくなる。

 

3月の公式戦成績

FM1415_03_11

正直そろそろ豆腐メンタルタイマーが作動するかと思ってたら、そんなことなかった。

昇格&優勝が見えてきたここにきて4戦全勝。

キャプテンHubnerの戻った守備陣は堅守を取り戻し、攻撃陣は今月も好調。文句なしですね。

 

今月だけで勝ち点12を上積みしたので、当然

FM1415_03_07

FM1415_03_08

FM1415_03_09

FM1415_03_10

理事会に、伝説的OBのBallackさんからも驚嘆されました・・・

いや、それでも去年も4位だったんだし、お世辞にしても驚きすぎだと思うんだ。

何はともあれ、チームとしては来季から初の1部での戦いが始まります。

 

今月の主な出来事

FM1415_03_04

FM1415_03_05

今月も安心の野戦病棟・・・新加入のPlattenhardtはスペランカーの予感・・・

 

FM1415_03_06

昇格も決まりましたし、接戦の中でのプレイですので余りきつくはせめれないかな?

ただ、TV放送がある試合で一発退場しなくてもいいと思うんだな。

あれか?逆に目立ちたかったん?そんなことしなくても、すでに人気銘柄じゃないですか。

 

 

FM1415_03_12

あっれー・・・いや、正直今月で昇格&優勝がダブルで決まると思ってたら、優勝はまだでした。

しかしすでに2位Union Berlinとの差は暫定ですが、21。

ケムニッツが残り試合全敗&ベルリンが残りを全勝で初めて勝ち点で並びます。

さすがに現実的ではないので、続いて4,5月のリーグ終了まで。(記事はわけます)

  1. 2012/09/06(木) 17:00:52|
  2. ケムニッツFC 14-15
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Chemnitz FC編 14-15シーズン 2月

FM1415_02_01

先月は多少減ったものの、相も変わらず赤字。不満な点がないのは嬉しいですね。

 

2月の公式戦成績

FM1415_02_06

FM1415_02_05

開幕からのリーグ戦無敗記録は24試合目にしてついにストップ。

今月は攻撃陣が好調だったのですが、前掛かりになりすぎたか守備陣が不調。

リーグ戦無敗優勝もあるかと、少し期待していましたが、さすがに無理でしたね。

 

今月の主な怪我人

FM1415_02_02

今月の守備陣の不調は、キャプテンの離脱が大きかったです。

守備の要なんですから、本当に不用意な怪我だけは注意してくださいね。

 

FM1415_02_03

今年もスペランカー先生は変わらずのスペっぷりを発揮。

さすがに監督の信用度も落ち、試合起用そのものが減ってきました。

 

FM1415_02_04

中盤の守備の要Marxも練習中に負傷。軽傷だったのに一安心。

 

2月の公式戦結果

FM1415_02_07

リーグ戦の無敗記録こそ止まってしまいましたが、2位との勝ち点差は15

残り10試合ですので、来季の昇格はほぼ間違いないでしょう。

 

今月のMVP

今月も誰にするかをすごく悩む、3勝1分1敗なのにMOMは1回で、他の4試合は相手の選手が選出。

3試合連続ゴールのForsterにしようかとも思いましたが、ゴールシーン以外はいまいちで、

実際得点した試合でも評価点はさほど高くない・・・なのでこの人を選出。

Marcel Wike2014

キャプテンHubnerが練習中の負傷で今月は完全離脱。

その穴を埋め、5試合でスタメン出場、Wehen戦では得点もあげ、今月チーム唯一のMOMを獲得。

守備陣が崩壊気味の中、ただ一人安定したプレイを見せてくれました。

 

次回、昇格&優勝が決まるようなら、その後はまとめて更新するかも?

  1. 2012/09/05(水) 14:42:35|
  2. ケムニッツFC 14-15
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Chemnitz FC編 14-15シーズン 冬の移籍期間

 FM1415_00_02 

12月は試合数が少なかったので仕方がないですが、63Mの赤字はきついな~。

理事会からも獲得を称賛されているのに、ここまで登場のないMauckschですが、

これについては後ほどということで。

 

FM1415_00_01

チームの成績に、理事会は目標の変更を打診してきましたが・・・

おい!まったく条件変わらないじゃないか!知ってたけど!

この突っ込みにむしろ疲れたよ、当然変更はなしで。

 

冬の移籍市場の主な人事

FM1415_00_03

FM1415_00_04

期待をしつつも、思ったほどの成長していないBatarilo-Cerdicに、

期待されて加入したものの、代表召集で3度の怪我などですっかり信頼をなくしたCalhanogluを

共にレンタルで放出。少しでも成長して高く売れてください。

 

あまりにも冬の移籍期間に動きがなく、ネタがないので前半戦の個人成績。

FM1415_00_05

リーグ戦19試合にフル出場は司令塔のHolzwelierと守護神Heimann。

今季からポジションを一列下げたHolzwelierは期待に答え、チーム1位の9アシスト。

チーム得点王は両利きのウイングGarbuschewskiを抑え、新加入のMauckschが7点。

ここまで7得点3アシスト2MOM7.40の素晴らしい成績を残しながら

一度も監督の選ぶMVPに選出されていないのは、U19W杯にU21と代表召集でチーム離脱が多く、

出場試合数が少ない事と、7得点の内訳が2度のハットトリックと、固め打ちが多い事ですね。

2列目は好調ですが、情けないのが1トップに入るFW。

Schneiderは今季は不調で出番を減らし、Forsterはチャンスをつかみ損ね怪我で離脱。

スーパーサブでの起用のAbdurakhmanovや、キャプテンHubnerと得点数が変わらない。

本格的にSTの補強をしたい所ですが・・・いないんだから補強できませんね~・・・

先行きに色々と不安を覚えつつ、後半戦へ。

 

  1. 2012/09/05(水) 10:20:49|
  2. ケムニッツFC 14-15
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Chemnitz FC編 14-15シーズン 11-12月

FM1415_11_02 

カップ戦での大敗にサポーターは不満なようですが、賞金で黒字なので私は満足。

 

11月の公式戦成績

FM1415_11_08 

今月初戦のDusseldorf戦は、後半に退場者をだしたものの何とか勝利。

FM1415_11_01

完全に無用なファールでの一発退場でした。当然2週間の罰金。

 

続くGladbach戦は、終始圧倒したものの最後まで守護神Stegenからゴールを奪えず。

FM1415_11_10

FM1415_11_11

説明不要な気もしますが、Gladbach守護神 Stegenさん。カッチカチやぞ!

ケムニッツの総年俸の半分以上を1人で稼ぐ男は能力も半端じゃありません。

 

続くSandhausen戦は、敗戦濃厚の終了間際に辛うじて追いついてドロー。

嫌な流れでしたが、今月最後のCottbus戦は辛うじて勝利し、今月は2勝2分で今だ負けなし

 

11月の主な出来事

FM1415_11_03

無事にリーグ戦20試合出場を達成。でももっと成長してほしいな~

 

今季は怪我人が少なめだな~なんて思ってたら・・・

FM1415_11_04

ユース出身の期待の若手Mauersbergerは、Gladbach戦で負傷退場。

全治2-3カ月とのことで、冬の中断あけのリーグ戦再開に間に合うかどうか?

 

 FM1415_11_05

「怪我人が少ないなら、作ればいいじゃない?」by Thorben Marx

うん、誰も練習でチームメイトを怪我させろとかいってないからね?

 

 FM1415_11_06

「怪我人が少ないなら病気になればいいじゃない」by Willi Orban

なんなの?なんか拾い食いでもしたの?カキにでもあたったの?

 

FM1415_11_07

何気にVollmannも怪我が多いきがするな~。そして怪我人も多いな~。

Mauersberger以外は軽傷ですが、お腹いっぱいです。満腹状態で12月へ

 


FM1415_12_01

カップ戦での収入がなければ、相変わらず月に30M以上の赤字ですか~。

 

12月の公式戦成績

FM1415_12_03

12月は2戦2勝。Cottbus戦から3連勝で中断期間までリーグ戦無敗を達成。

 

12月の主な怪我人

FM1415_12_02

攻撃の要のGarbuschewskiの負傷に一瞬あせりましたが、軽傷に一安心。

中断期間の間に復帰できますし、リーグ再開には十分間に合いますね。

 

12月終了時順位表

FM1415_12_04

リーグ戦19試合負けなしで、現時点の勝ち点が51。2位の差はすでに16

昨シーズン優勝のSt.Pauliは勝ち点74でしたが、その前2シーズンは優勝が64,66

残り15試合で、最低勝ち点15を稼げれば、自動昇格の2位以内は確定といった所でしょうか?

当然、ここまで来たら狙うのは優勝しての昇格!だけですけどね。

 

11,12月のMVP

選出なしです。1試合なら活躍してても、トータルで見るとこれといった選手がいない。

良くいえば満遍なくがんばってるといいたいですが、ちょっと微妙ですね~。

  1. 2012/09/02(日) 21:22:15|
  2. ケムニッツFC 14-15
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Chemnitz FC編 14-15シーズン 10月

FM1415_10_01

先月も月の赤字が30Mオーバー、これスタジアム満員になっても赤字かも。

 

10月の公式戦成績

FM1415_10_09

リーグ戦は好調を維持。攻撃陣も奮起し、今月も3戦3勝、連勝を12に伸ばす。

FM1415_10_06

この連勝は何時まで続くのか?きっと来月には止まるよね?w

 

しかしカップ戦の2回戦・・・相手は1部とはいえ大惨敗・・・でもね?

 

FM1415_10_08

スコアは大敗だけど、内容はこちらも十分チャンスを作ったんですよ?

もっともこんな大味な試合してる時点で問題だとは思うけどさ。

FM1415_10_07

それでも27Mも賞金貰えたので満足です。

 

10月の主な出来事

FM1415_10_03

FM1415_10_04

開幕から少ないチャンスをものにし、エース復活かと思われたForster。これからという時に怪我。

やっぱり持ってない男なんだな~。Vollmannも練習中にヘルニア。

癖になりそうな怪我ですし、ウイングのレギュラー争いから脱落か?

 

FM1415_10_05

元の年俸が安いですし、昇給後も問題はない金額ですが、思ったほど成長していないCerdic

もう少し成長を見せてくれないと、レギュラー所か、チームに残留も難しくなりそう。

 

10月終了時順位表

FM1415_10_10

開幕の引き分けの後は12連勝、得点&失点もリーグ1位と、ここまでは完璧な成績。

2位との勝ち点差は7に広がり、3位とは11。このまま独走が続くのか?

 

10月のMVP

Ronny Garbuschewski2014

今月はすんなり選出。リーグ戦3試合連続ゴールに、3アシストの大活躍。

昨シーズンは若手に多少出番を譲りましたが、やっぱり頼りになります。

  1. 2012/09/01(土) 21:25:40|
  2. ケムニッツFC 14-15
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Chemnitz FC編 14-15シーズン 9月

 FM1415_09_01

予想以上に赤字が多いけど、まだ貯蓄のおかげで財政に問題なし。

余裕があるならもう少し補強費に回してほしいな~

 

9月の公式戦成績

FM1415_09_04

4戦4勝、パーフェクト!ケムニッツの勝ち星の9割は堅守で出来ています。

一方的展開でシュート23本も放ちながら、1-0のRegensburg戦など、

相も変わらず攻撃陣はいまいちですね。

 

FM1415_09_03

開幕戦の引き分けの後は、リーグ戦9連勝中らしいですよ。

そしてこんな記事がでた後は大抵負ける。

 

今月の怪我人情報

FM1415_09_02

開幕から左サイドバックのスタメンとして出場してた新加入の、Plattenhardtが練習で負傷。

試合にでれる喜びに張り切り過ぎたか。怪我が癖にならなければいいけど・・・

 

9月終了時順位表

FM1415_09_05

現在9連勝中で当然首位をキープ。2位コットブスとの勝ち点差は4。

しかし毎回一部画像のサイズに悩む、今回はまた大きくして見たけどどっちがいいのやら。

 

9月のMVP

Benjamin Forster2014

正直選考なしか、キャプテンのHubnerを選ぼうと思ったが、激励も兼ねての選出。

7日のDuisburg戦は、終盤に出場し、駄目押しとなる3点目のゴール。

その後2試合は出場なしも、今月最後のFreiburg戦でスタメン出場し、チーム2点目となるゴールを挙げる。

この試合のMOMにも選ばれ、今月2試合(1途中出場)2ゴール。

副キャプテンからも外された元エース、すべての重圧から解放され復活するか?

  1. 2012/09/01(土) 10:55:45|
  2. ケムニッツFC 14-15
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カウンター

プロフィール

t ryoku

Author:t ryoku
FC2ブログへようこそ!

Football Managerのプレイ日記です

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
ケムニッツFC 11-12 (11)
ケムニッツFC 12-13 (11)
ケムニッツFC 13-14 (11)
ケムニッツFC 14-15 (11)
ケムニッツFC 15-16 (11)
ケムニッツFC 16-17 (12)
レクサムFC 11-12 (9)
レクサムFC 12-13 (9)
レクサムFC 13-14 (7)
レクサムFC 14-15 (13)
FM2013 パリFC 12-13 (12)
FM2013 パリFC 13-14 (9)
FM2013 パリFC 14-15 (11)
FM2013 パリFC 15-16 (13)
FM2013 パリFC 16-17 (14)
FM2013 パリFC 17-18 (12)
ロス・サルセーロス編 12-13 (12)
ロス・サルセーロス編 13-14 (13)
ロス・サルセーロス編 14-15 (13)
ロス・サルセーロス編 15-16 (11)
シェフィールドFC 13-14 (6)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。