ryokuのFootball Manager監督日記

PCゲームのFootball Manager2012のプレイ日記です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Paris FC編 17-18シーズン 開幕前 前編

Paris_2017_07_03

まずは6月の理事会報告。ここまで絶賛されることって珍しいなと思わず掲載。

 

Paris_2017_07_01

おかげ様で1年間の契約延長・・・そろそろ長期契約オファーしたほうがイインジャナイカナー?

チームをリーグ&ELの2冠に導いただけでなく、財政まで立て直す。

こんな監督なかなかいませんぜ?

 

Paris_2017_07_02

財務状況は昨シーズンから大幅に順位をあげ、遂に20位。

 

当然、世界のクラブランクでもランキングに入っている・・・と思うのですが、

FM2013だと明確に分からないですよね、これ?

ソート変えても並び変わらないので、とりあえず43番目にランクされてました。w;

 

昨シーズンは大幅な黒字を出したおかげで、株主へも太っ腹な配当

Paris_2017_07_04

今季はCL出場で、更なる増収も見込めますし、もっと投資してくれてもいいのよ?

 

Paris_2017_07_05

おかげ様で、今季予算は移籍金が去年から300M増の1.89B

なにより、人件費は昨シーズンから倍増の1.72Bまで増えました。

イングランドのクラブや、各国上位と比べればまだまだ少ないですが、

資金面でもまずまず張り合えるようになったかな?

 

 

開幕前人事

昨シーズンは見事リーグ戦とELの2冠を達成したパリFC。

今季の目標はリーグの連覇と国内カップ戦、更には初挑戦のCL。

CLは最低でもグループステージ突破したいですね~。

 

チームの補強ポイントとしては、右サイドバック(WB)がありますが、

現在箱庭内では深刻なDR&WRの人材難。

現在所属する選手達も、チーム最年長がMR Osujiで27歳。

主力選手達が20歳~23歳ですし、大幅な補強の必要性はなさそうです。

そういう訳で、今季は主に選手整理がメインになりました。

 

獲得選手

Paris_2017_07_07

 

放出選手

Paris_2017_07_06

 

獲得選手は、ボスマン移籍で2名に、移籍で1名の計3名。

DR Lapollaは、手薄な右サイドとして獲得もまだ若く、今季はレンタル。

DL Selinは、能力的には文句なく、ML,DRなども可能なので獲得。

DC Clementは、昨シーズンギリシャに移籍も、フランス国籍の若手。

即レギュラーとはいかないでしょうが、十分ローテで起用できそう。

 

一方、放出選手は大量ですので、主な選手だけあげると、

シーズン中から移籍希望をだしていたCicaが、

1.75Bでイングランド1部Cardiffに移籍。

DL Wlodarczykが、ポーランドのZulte Waregem、

小さな司令塔Holzweilerはドイツ1部のAachenに移籍でドイツ復帰。

モロッコ代表のGK El Kharroubiが、契約満了で退団しました。

 

おまけ

昨シーズン、同じパリに本拠地を置くパリFCにリーグ優勝をさらわれたPSG。

今季は気合の入った補強を見せてくれる・・・のかな?

 

Paris_2017_07_08 

Paris_2017_07_09

放出選手では、最終パッチ適応前能力では、

どうやら地雷だったMC Mkhitaryanを、イタリアのPalermoへ。

さらに(FMでは)見えている地雷、ST Balotelliを、Wolvesへレンタルで放出。

PSG所属2シーズン33試合4得点、評価点も6.6程度じゃ仕方ないですな。

ほか、MC InlerやDL Clichyなどベテランも放出。

 

肝心の補強はといいますと、Jubentusから1.75BでMC Casariniを獲得

というか、補強1人しかしてないんですが、お金尽きちゃったの?

まあ、選手層的に十分なのかもしれませんが、これがどう出るかにも注目です。

スポンサーサイト
  1. 2013/06/26(水) 17:47:19|
  2. FM2013 パリFC 17-18
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Paris FC編 17-18シーズン 開幕前 後編

相も変わらず予定よりも更新ペースが遅くてすいません。

今季はついにCLにも挑戦しますし、ここから気合を入れていきましょう。

ということで、今季の開幕時トップチームメンバー紹介。

 


 

GK

 

GK Stefanos Kapino 23

Stefanos Kapino2017

リーグ戦 23試合 16失点 16無失点試合 評価点7.12

EL 7(1)試合 7失点 3無失点試合 評価点7.10

 

加入1年目だった昨シーズン、正GKとして、リーグ戦&ELで31試合に出場。

派手さはないが、安定した活躍でチームの2冠に貢献した。

今季も正GKとして期待されるが、成長著しいSchmidからの突き上げを凌ぎきれるか?

 

GK Tobias Schmid 18

Tobias Schmid2017

リーグ戦 11試合 5失点 7無失点試合 評価点7.17

カップ戦 4試合 5失点 2無失点試合 評価点7.05

 

加入2年目の昨シーズンは、El Kharroubiから2番手の座を奪い、出場機会数が大幅に増えた。

一時は獲得を疑問視する声もあったが、プレイで自身の価値を証明してみせた。

成長著しく、結果的にEl Kharroubiは今季で退団。今季は開幕から2番手GKとして臨む。

このまま成長すれば、来年あたりには正GKの可能性も・・・。

 


 

DF

 

DC (DR) Arben Poturovic 22

Arben Poturovic2017

リーグ戦 32試合 1得点 11MOM 評価点7.89

EL 10試合 1アシスト 1MOM 評価点7.88

 

A.C.Milanに移籍したShortlandの穴を埋めるべく獲得、結果大成功。チーム2冠最大の立役者。

前任者に劣らぬ空中戦の強さに加え、足元の技術も高く、攻撃の起点としても機能。

あまりの大活躍に他クラブからのオファーが怖いが、本人もチームに満足しているようで一安心か?

今季もチームの中心選手。彼が活躍すればCLだってきっと!・・・

 

DC (DL) Valentin Calderara 22

Valentin Calderara2017

リーグ戦 32(1) 2アシスト 評価点7.14

EL 12試合 4得点 1MOM 評価点7.51

 

加入2シーズン目となった昨シーズンも、主に3バックの左としてスタメン出場。

特にELでは、12に出場、4得点と攻撃面でも大活躍をみせた。

難をあげるなら、能力面での成長が頭打ちになっている所だが・・・こればっかりは仕方がない。

 

新加入 DC Youssam Clement 19

Youssam Clement2017

リーグ戦 33試合 1MOM 評価点7.05 Kerkyra(ギリシャ)

 

フランス2部 FC Metzで3シーズンを過ごすも、更なる出場機会を求め、ギリシャのKerkyraへ移籍。

Kerkyraではレギュラーに定着し、リーグ戦33試合に出場。

その活躍が認められ、移籍金180Mで今季からパリFCに加入。

フランス国籍で左利きのCBというのが、獲得にいたった決め手。

それだけに即戦力だったり、才能があふれ出てたりはしない。w

主にCalderaraの控えだが、伸びしろはあるので、いずれはレギュラー奪取の可能性も。

 

DC Daniel Del Campo 20 外人枠

Daniel Del Campo2017

リーグ戦 18(1)試合 2得点 2MOM 評価点7.35

EL 10試合 評価点7.11

 

加入1年目は、CBのローテ要員として十分な活躍を見せた。

ただし外人枠争いの中では、正直かなり微妙な立ち位置にいる。

開幕時点では4枠に残れたが、目覚ましい成長&活躍がなければ、早々にはじき出される可能性も。

 

DC Catanha 19 外人枠

Catanha2017

リーグ戦 16試合 1得点 評価点7.14

EL 14試合 1MOM 評価点7.33

 

若手のCBで加入二年目と、Del Campoと似たような立場だが、現時点での評価はCatanhaが上。

Poturovic不在時は、3バックのセンターも務めており、信頼度は高い。

今後の成長への期待も含まれた評価の為、成長次第ではDel Campoと評価が逆転する可能性も。

 

DC Justo Fahrasmane 17 昇格

Justo Fahrasmane2017

リーグ戦 3(1)試合 評価点7.10

 

パリFCユース出身。実は昨シーズン終盤に昇格していた。w

今季からはトップチームに帯同する為掲載したが、よくて終盤の交代や、余裕のある時のスタメンかな?

 

DR (WR) Goran Mandzukic 21

Goran Mandzukic2017

リーグ戦 22(4)試合 3アシスト 評価点7.10

EL 8(4)試合 1アシスト 7.07

 

獲得当初は、何処でもこなすスーパーサブの予定が、気がつけば右サイドのレギュラー。

今季は開幕から右サイド(DR&WR)のレギュラーとして起用予定。

それにしても、箱庭内の右サイド不足が深刻すぎて笑えない。

 

DR (WR) Dimitri Foulquier 24

Dimitri Foulquier2017

リーグ戦 18(4)試合 5アシスト 評価点7.05

EL 9(2)試合 1アシスト 評価点7.06

 

数字を見ればMandzukicと大差なく見えますが、内容は大違い。

攻撃面はともかく、守備面のお粗末さが目立ったシーズンだった。

特に裏を取られるプレイが多く、この点が監督の信頼度を一気に失う原因になった。

開幕前は放出も検討も、移籍先が決らず。右のバックアップかな。

 

DM (WR) Ibrahima Londas 19

Ibrahima Londas2017

リーグ戦 10(8)試合 2得点 3アシスト 1MOM 評価点7.16

EL 5(5)試合 1得点 2アシスト 評価点6.97

 

パリFCユース出身の将来のキャプテン候補も、今季で5シーズン目。

順調な成長を見せているものの、MCのポジション争いは激しくレギュラー奪取にはいたらず。

また同年齢のライバル、Jourdanの壁は厚く、出場機会を増やせない事に頭を悩ませていた・・・

と、いう事で今季からWBに挑戦が決定!。まずはMandzukicの控えとしてポジション適性習得に励む。

ちなみに、現状のWBのポジション適性は空白w

 

DL (WL) Benjamin Mendy 23

Benjamin Mendy2017

リーグ戦 18試合 1得点 5アシスト 評価点7.36

EL 6(2)試合 1得点 2アシスト 評価点7.39

 

昨シーズンは左サイドの1番手として起用。素晴らしい活躍を見せた・・・

その割に出場試合数が少ないのは、品薄な右サイドと違い、人材が飽和状態の左サイドだからw

レギュラーとしてある程度固定すれば、もっと素晴らしい活躍をしてくれそうだが・・・

そんなこといいつつも、今季は昨年以上に熾烈なポジション争いなのはナゼナンダロウカ?

 

新加入 DL (WL) Eugene Selin 29

Eugene Selin2017 

リーグ戦 28試合 2アシスト 1MOM 評価点6.67 Vorskla(ウクライナ)

 

チームの中でも一番選手層の厚い左サイドをまさかの補強。これにはサポーターもビックリ?

「こんなにいい選手がフリー(ボスマン)で獲れたんだから仕方がない」とは、監督談

しかしゲーム内5シーズン所属したVorsklaでの平均評価はかなり微妙(平均6.7程度)

うーん、この能力を考えるともっとやれると思うんだけどな~・・・

まあ、最悪能力詐欺だったとしても、選手層的に問題ないし大丈夫でしょう。

 

DL Loizos Christoforou 21

Loizos Christoforou2017

リーグ戦 16試合 1得点 1アシスト 評価点7.14

EL 5(1)試合 評価点7.05

 

加入1年目だった昨シーズンは、WBの適性が低い為、主に4バック採用時に起用。

現在もWBの適性練習中で、今季もスタメン起用は4バック採用時がメインかな?

ポジション争いが激しく、早い段階で結果が欲しいが監督の期待は高い。

 

DL Mauro Ljubovic 21

Mauro Ljubovic2017

リーグ戦 8(6)試合 1アシスト 平均点7.09

EL 7(2)試合 2アシスト 評価点7.16

 

加入2シーズン目となった昨シーズンは、激しいポジション争いにより出場試合数を伸ばせず。

Christoforou同様WBの適性が低く、Selinも加入した事で今季は更に厳しい戦いが予想される。

 


 

MF

 

DM Lazaro Vinicius 19

Lazaro Vinicius2017

リーグ戦 6(1)試合 1得点 1アシスト 評価点7.34

EL 5試合 1MOM 評価点7.38

 

外国人枠が満員の状態のチームに冬に加入と厳しい条件からスタートも、しっかりと結果を残した。

今季はMCのレギュラーとして期待されており、昨シーズン以上の活躍が求められる。

 

DM Arnaud Jourdan 19

Arnaud Jourdan2017

リーグ戦 21(2)試合 4得点 4アシスト 2MOM 評価点7.36

EL 7(5)試合 1得点 1アシスト 評価点7.08

 

監督の予想よりも遥かに早いスピードで成長&活躍を見せ、今やチームに欠かせない選手に。

ネタ的にも生え抜きのJourdanを起用したい監督の思惑を結果でうち砕いて見せたw

守備的な選手かと思えば、大事な試合では自らゴールを決めたりと試合でのインパクトも強い。

 

MC Antonio Bosnjak 21

Antonio Bosnjak2017

リーグ戦 12(5)試合 2得点 3アシスト 1MOM 評価点7.53

EL 10(2)試合 2得点 1アシスト 1MOM 評価点7.41

 

ちょっと怪我がちだったり、能力に穴があったりするが、試合に出れば安定した評価点をたたき出す。

ただし、実際の試合での印象は・・・・地味!かなり地味!

今季も監督の印象には残らなくても、試合に出ればしっかりとした働きをしてくれることでしょう。

 

AC (MC) Caner Hazir 20

Caner Hazir2017 

リーグ戦 18(4)試合 2得点 5アシスト 評価点7.26

EL 9(5)試合 1得点 5アシスト 評価点7.49

 

昨シーズンから、本来のACではなく、MCでの起用がメインになったHazir。

結果、リーグ戦&ELで合計10アシストとまずまずの働きを見せた。

今季も、攻撃的な中盤構成をする場合はMC、Rikardsson不在時はACでの起用予定。

 

MR Wilfred Osuji 27

Wilfred Osuji2017

リーグ戦 4(5)試合 評価点7.07

EL 2試合 1アシスト 評価点7.25

 

昨シーズンは、足首の骨折に始まり、ねん挫などで約4カ月の負傷離脱。

復帰後も、大幅な能力ダウン&伸びしろの減少で、出場機会を大幅に減らすこととなった。

今季開幕前、チームの両翼を共に務めたML Cicaは本人希望で移籍をしていったが、

Osujiは戦力外での放出が噂されたりと、昨シーズンで評価に一気に差が開いたな~。

結果的にはチームに残留したが、今季も役割はバックアップかな~。

試合に使えば献身的な仕事の出来るお気に入りの選手だけに、あの怪我が残念である。

 

AR (MR ST) Sunday Njoku 20

Sunday Njoku2017

リーグ戦 6(5) 3得点 5アシスト 1MOM 評価点7.40

EL 3(2)試合 2得点 1アシスト 評価点7.26

 

Osujiの怪我をうけ、冬に緊急補強したNjoku。結果的には大成功。

スピードにのったドリブルから、多くのチャンスを作るだけでなく、

2トップの右として起用した際にも、及第点以上の働きをみせ、攻撃のバリエーションが増えた。

今季も、2トップの右に、MRにと、主力として活躍してもらいたい。

 

AL (ML ST) Lenny Nangis 23

Lenny Nangis2017

リーグ戦 25(5)試合 16得点 6アシスト 8MOM 評価点7.55

EL 11(2)試合 6得点 3アシスト 2MOM 評価点7.38

 

加入2シーズン目となった昨シーズンは、ST起用が増えた事で一気に大ブレーク。

エースBlazekに次ぐ、シーズン22得点を記録した。

また、代表で見せていた大舞台での強さをチーム内でもいかんなく発揮。

大事な試合には必ずと言っていいほど得点をあげ、Blazekではなく彼をエースと呼ぶ声も多い。

今季もBlazekと競い合い、パリFCの攻撃陣を牽引してほしい。

 

AC (AL ML) Marian Kopic 17

Marian Kopic2017

リーグ戦 7(13)試合 1得点 3アシスト 評価点7.02

カップ戦 2(1)試合 1得点 1アシスト 評価点7.13

 

16歳ながら、加入1年目から大器の片りんをいかんなく見せたKopic。

今季は更なる成長に期待がかかるが、ACにはRikardssonという大きな壁が立ちはだかる。

出場機会の増加とスピードを活かす為に、今季はMLに挑戦。良いサイドになれると思うんだけどな~。

 

AC (ST) Petter Rikardsson 21

Petter Rikardsson2017

リーグ戦 28試合 9得点 9アシスト 4MOM 評価点7.53

EL 10(1)試合 3得点 4アシスト 3MOM 評価点7.38

 

「木綿豆腐メンタル」「周りを使いこなせてない」と、監督からの評価が厳しいのは期待の裏返し。

昨シーズンは、得点、アシスト共に二桁を記録と、ACとして十分な結果を残した。

自らドリブルで仕掛ける事を好み、本来ならばST向きかもしれない。

今季は大事な試合で監督に、「後半お前交代な!」といわれないように頑張りましょう。w

 


 

FW

 

ST Redek Blazek 19

Radek Blazek2017

リーグ戦 28(3)試合 18得点 5アシスト 評価点7.41

EL 9試合 4得点 3アシスト 評価点7.44

 

完全にレギュラーに定着した昨シーズンは、チーム最多の23得点をあげ、エースの座を不動のものとする。

207cmの長身を生かした空中戦が最大の武器だが、ファーストタッチがうまく足元の決定力も高い。

個人技に走る選手が多い前線の中で、謙信的なプレイができ、アシスト以外でも得点に絡む事が多い。

大舞台に強いNangisに、献身的なBlazek、お馬鹿(笑)な Rikardssonのトリオは、

フランス国内だけでなく、欧州でも通用する破壊力を有する・・・と思う。

 

Emanuele Testardi 26

Emanuele Testardi2017

リーグ戦 8(6)試合 5得点 2アシスト 2MOM 評価点7.06

カップ戦 3試合 2得点 1アシスト 1MOM 評価点7.70

EL 8(1)試合 7得点 評価点7.76

 

レギュラーの座はBlazekに明け渡したが、昨シーズンも14得点を記録。

まだ26歳ながら、チーム3番目の年長者であり、若い攻撃陣の良い兄貴分。

監督の信頼度は高く、本人が移籍希望を出さない限りは、チーム内で活躍してほしい。

今季も国内カップ戦などを中心に、セカンドチームのエースとしての活躍を期待しています。

 


 

以上のメンバーで今シーズンを戦います。メンバー的には大きな変わり映えはないですが、

若い選手の成長&チームの成熟度でCLでもそれなりには戦える・・・と思っています。

(まったく相手にならなかった場合は、来季に大型補強の可能性もありますが)

目指すはリーグ2連覇に、CLでのグループリーグ突破!

この目標に何処まで近づけるのか?、次回から17-18シーズン開幕です。

  1. 2013/07/05(金) 16:30:37|
  2. FM2013 パリFC 17-18
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Paris FC編 17-18シーズン 8月(開幕)~9月

 

ようやくのシーズン開幕ですが、あいも変わらず画像が足りないw

まずは今シーズンのシーズンチケット売上を確認。

 

Paris_2017_08_01 

スタジアムのキャパって・・・2万人ちょっとだったかな?

それを考えるとスタジアムの約3分の1が売れているのは、中々なのではないでしょうか?

 

昨シーズンのフランスリーグ&EL制覇のおかげで、だいぶ注目度の上がったパリFC。

その活躍が認められ、代表デビューを飾る選手達。

 

Paris_2017_08_09

センターバックながら19歳でブラジル代表デビューしたCatanha。

ライバル達は強力でしょうが、怪我をしないようにがんばってね!

 

Paris_2017_08_08

こちらは18歳にしてオーストリアA代表デビューを果たしたSchmid。

パリFCでも正GKの座を虎視眈々と狙う逸材だけに、代表でも活躍してくれるでしょう。

 

 

パリFC2017年シーズン 基本フォーメーション

Paris_2017_08_07

こちらが2017-18シーズンのメインフォーメーション。

例年通り3バックの3-5-2(5-3-2)です。

それでは、今季の開幕(8月)の公式戦日程を確認しましょう・・・

 

8月の公式戦日程

Paris_2017_08_02

 

・・・いきなりクライマックスですか!?

 

リーグ戦を盛り上げたいフランスサッカー協会の意図的なものを感じますが、

下手したら早々にリーグ戦の結果が決まりかねませんよ

 

そんな余計な心配をしつつも、早速の記者会見。

 

Paris_2017_08_04

実際問題、勝てればいいですが、下手な負け方すると後に引きずりそうですね~。

 

PSG,パリFC 両チーム スターティングメンバー

(左PSG、右パリFC)

Paris_2017_08_06

箱庭内のPSGは、アンチェロッティ監督こだわりのクリスマスツリー。

そしてパリFCも、対PSG限定の4-5-1でスタート。

 

・・・

・・・・

・・・・・

 

Paris_2017_08_05

 

勝ったどー!

 

大巨人Blazekのゴールで先制するも、MC ViniciusのミスからLavezziに決められ同点。

しかし試合を決めたのもそのVinicius。

ロスタイムには大試合に強いNangisが駄目押しとなるループで3-1の勝利。

今年もビックゲームでのNangisの決定力は健在なようです。(MOMもNangis)

 

開幕戦で宿敵PSGにアウェーで勝利と最高の形でスタートを切ったパリFC。

そのまま勢いに乗り・・・

 

8月の公式戦結果

Paris_2017_08_15

開幕3連勝とスタートダッシュに見事成功した。

・・・トロフェデ シャンピオンの事がここまで触れられていなかったのは、

開幕戦の相手がPSGと知り、テンションが上がっていた為、

それより以前の試合=親善試合と勘違いされ、普通に流された為である。w

 

とりあえず2-0の勝利で、特に危なげもなく勝利し今季1冠目を達成!

まあ、正直開幕からPSG戦だった事と比べれば、忘れ去られてもしょうがないよね?

 


 

監督の気がつかぬ間に今季1冠目を獲得していたパリFC。

宿敵PSGにも勝利し、この勢いのまま兼ね抜けたい9月。

 

9月の公式戦日程

Paris_2017_08_02_01

昨シーズンのEL王者とCL王者によるスーパーカップが、いきなりありますね。

正直リーグ戦開幕後に、この手の試合があるのはどうなんでしょうね~。

今季CLで戦うパリFCとしては、昨シーズンのCL王者と戦えるのは、

絶好の腕試しになりますし、EL王者としても恥ずかしくない試合をしたいところ。

 

さて、CLといえば、グループステージの抽選会の結果

 

Paris_2017_08_10

・・・またLiverpoolか!・・・とは組み合わせ抽選直後の監督の第一声w

昨年のELグループステージに続き、今季はCLでも同組になるとは。

あまりのインパクトに、ドイツ王者のBayernが同組にいることとかすべて消し飛んだ。

Bayernが本命だろうが、どのチームにも十分グループステージ突破の可能性がありそう。

 

9月いきなりの大一番となったスーパーカップ 対Man City戦。

ここで大敗するようだと、先行きがかなり不安でしたが、結果

 

Paris_2017_08_16

例のごとくメールが消失してたので、結果の切り貼り画像を。

前半終了間際に、素敵なアフロことFellainiさんに先制点を奪われたものの、

後半開始早々に大巨人Blazekのゴールで同点に追いつく。

そして試合を決めたのは後半ロスタイム。

ラストプレイとなったCKからDC Catanhaの劇的ゴールでまさかの勝利!

この勝利で、一流チーム相手にも十分戦える事を証明した・・・といいたいですが、

データを見るとわかる通り、支配率では完敗。

(まあ、ダイレクトよりの戦術ですので、元々支配率は低いですが)

ファールの数は相手の倍と、かなり苦しい展開でした。

それでもパリFCのDF陣は、十分に通用する事がわかったのが収穫ですね。

 

昨年のCL王者も粉砕し、更に勢いにのるパリFC。

その勢いはとどまることを知らず、今月から始まったCLグループリーグ初戦も、

 

Paris_2017_08_11

ホームでNapoliを2-0に勝利。

まあ、見出しにある通り、守備陣の奮闘がなければ大敗してもおかしくなかったですけどね。

実際、前半に与えたPKを決められていたら展開は違ったでしょうし。

攻撃陣も、Blazek、Nangisの2枚看板が1得点ずつと、最高の形ですね。

 

Paris_2017_08_12

加入2シーズン目となった今シーズンも、高パフォーマンス連発のPoturovic。

今季もその調子で頼むよー!

 

9月の公式戦結果

Paris_2017_08_17

スーパーカップのタイトルで、今季早くも2冠目!

リーグ戦も3戦負けなしに、CLの初戦にも勝利と6連勝!

 

8月&9月で公式戦だけでも9連勝!

Paris_2017_08_03

実は、画像を載せていない親善試合も全勝で、ここまで今季全勝!だったりします。

ただただ素晴らしいの一言ですが、この記録を何処まで伸ばすことができるのか?

まあ、こんなこと書いたらしっかりフラグ回収するんだろうな~w

 

9月終了時点順位表

Paris_2017_08_13

チームは6連勝中と文句なしの成績ですが、失点が少し多いかな~?

でも、正直そんな事はどうでもいい訳ですよ!

 

それ以上に問題なのが、開幕でパリFCに敗れたPSGさんが、

現時点ですでに3敗しているんですが、これは・・・

ちなみに去年パリFCが優勝した時の最終的な負け数が3

おいおい、まさか早くも試合終了じゃないですよね?PSGさん?

 

CL グループステージ

Paris_2017_08_14

Bayern対Liverpoolは、Liverpoolが5得点をあげ圧勝。これには正直驚いた。

まだ1試合ですが、去年のEL決勝を戦った2チームの勝ちぬけの可能性も?

 

ようやく始まった2017-18シーズン。

ふたを開けてみれば、こちらが怖くなるくらい順調なスタートをきったパリFC。

こうなれば行ける所まで行ってしまいましょう!

  1. 2013/07/06(土) 13:59:45|
  2. FM2013 パリFC 17-18
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Paris FC編 17-18シーズン 10月

Paris_2017_10_01

Madmayrの放出に多少の不満の声はあるようですが、おおむね好評価。

まあ、1か月で300Mオーバーの収益があって、成績も絶好調ですからね。

 

10月の公式戦日程

Paris_2017_10_02

今年に入って全勝中ですが、早速フラグ回収しそうな相手との対戦。

Liverpool相手に大敗したとはいえ、ドイツ王者Bayernに、

去年のEL以来の腐れ縁になりそうなLiverpool戦と、CLの2試合がポイントかな?

 

10月の主な出来事

 

今月も最初から大一番。

アウェーでのバイエルン戦を問題なく勝利できるようなら、

グループリーグ突破にかなり近づけそうですが・・・

 

Paris_2017_10_04

結果だけ見れば完勝!だけどデータだけ見れば完敗しててもおかしくない!

まあ、支配率はダイレクトなサッカーなのである程度は仕方ないですが、

それでも相手の支配率が65%はさすがに不味いでしょう。

勝てたのは、ファールになろうとも相手を止めてくれたDF陣と、

チームシュート4本中、3本を得点に結びつけたST Nangisの決定力のおかげですね。

ビックゲームでのNangisさんの決定力は、おかしなことになってるな~w

逆に言うと、普段はそこまで凄くなかったりします(小声

 

今月も大事な試合に勝利し、「これは今月も全勝あるか!?」なんて、思ってたら・・・

 

Paris_2017_10_05 

 

フラグは回収するもの!(キリッ

 

リーグでは下位に低迷しているAS Monaco相手にまさかのドロー。

FM2013でも、フランス2部(スタート時点)では破格の財力を誇りますが、

それでもリアルのモナコの今夏の補強を考えれば、微々たるもの。

リアルも、次回作のFMでもMonacoは、ちょっと楽しみですが、

 

現状の箱庭内のMonacoを見ると、なんでここで連勝止まるかなー?

まあ、試合データを見れば一目瞭然で、決定力不足なんですけどね。

Paris_2017_10_05_01

 

「れ、連勝は止まったけど、まだ無敗だから(震え声」と強がりつつ、

 

次なる相手は、昨年のEL依頼の腐れ縁なLiverpool。

・・・

・・・・

・・・・・

 

Paris_2017_10_06 

ボール支配では、Liverpoolが上回るも、

ボールを奪ってからの早い攻撃でParis FCが、相手陣内に攻め込む。

そんな感じの90分間でしたね~。

相手が疲れてきた、後半は結構押せ押せだったのですが、

危ない場面はしっかりとファールで潰されと、攻めきれずにドロー。

完敗しそうな怖さはないですが、やっぱりやりにくい相手ですね~。

 

他には、今月最後の試合でMC Hazirが負傷退場したものの、

診断の結果はこむら返りで大事には至らず。

カップ戦なども始まりましたし、ローテで回すとはいえ怪我だけは気をつけてね!

Paris_2017_10_07

 

10月の公式戦結果

Paris_2017_10_03

さすがに3カ月間全勝とはいきませんでしたが、今だ無敗。

国内カップ戦も始まり、今後は更に日程がきつくなりますので、

無敗記録もそろそろ途切れるでしょうね~。

 

10月終了時点 順位表

Paris_2017_10_08

う~ん・・・PSGとかいうクラブが更に負け数を増やしている件について・・・

すでに勝ち点差8+2試合差と・・・完全にこれは終戦ですね。(呆

現在2位のOGC Niceとは勝ち点差2+2試合、3位OMとは勝ち点差3+3試合差。

早い段階で決着がつけば、主力をCL中心に完全シフトできるのでありがたいですが、

これでいいのか?フランスリーグ(^^;

 

CL グループステージ

Paris_2017_10_09

勝ち点、得失点共に並んでいますが、得点数の差?で現在2位。

これは去年のEL決勝を戦った2チームの、グループ突破が現実味を帯びてきました。

 

全勝記録こそ止まりましたが、いまだチームは絶好調。

この調子は何時まで続くのでしょうか?そんな所で今回はここまで。

  1. 2013/07/08(月) 17:56:23|
  2. FM2013 パリFC 17-18
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Paris FC編 17-18シーズン 11月

Paris_2017_11_03

クラブは好調、収益も問題なしということなしですな。

それなのにいまだにMadlmayrの放出を落胆とか、なんなの?小姑なの?

 

11月の公式戦日程

 Paris_2017_11_01

勝てば勝つほど日程がきつくなる・・・上位チームの宿命ですね。

唯一間があく14日~25日の間も、代表ウィークですし、1流選手に休みはありません。

移動やらなんやら考えると、サッカー選手って相当タフですよね~。

今月のポイントとしては、リーグでのOM戦、そしてCLの2試合でしょうか。

 

11月の主な出来事

 

今月は完全にこちらのミスで前半部分のメールが消失。

だって1カ月単位でセーブしておいて、メール容量オーバーとか予想してなかったし(汗

そんなわけで、まずはリーグ OM戦の結果。

Paris_2017_11_04

シュート本数は、ほぼ互角だったんですけどね~。内容&結果は大差がつきました。

まあ、いくらシュートが多くても、枠内率が低すぎますね~。

後半からは、カード覚悟のファールでしか止めれなくなってましたし、

フランスの名門ですが、現状では少し力の差がついたかな~?

 

リーグ戦は独走の気配が漂い始めていますが、油断せずにいきましょう。

続いては、CL 因縁のLiverpool戦。

 

Paris_2017_11_05

OM戦とはうって変わって、フルボッコにされたでござる

しかし勝てばよかろうなのだー!・・・という感じの試合。

耐えに耐え抜き、セットプレイからの得点で何とか勝利。

1点取られてたら、大敗しててもおかしくないゲーム内容でした。

 

内容はともかく、この勝利のおかげでCLグループステージ突破も現実的に。

怖いぐらいの好調を保ちつつ、代表ウィークで一休み。

 

Paris FCからも数名が代表召集されましたが、

Paris_2017_11_06

相変わらず大舞台で強いNangisが、A代表初得点を記録。

今年も大舞台での勝負強さは健在のようです。

(でもリーグ戦では、やる気がでないのか得点が伸び悩んでたりしますw)

 

Nangisの代表初ゴールなど、明るい話題こそあれ、怪我人もなく一安心・・・とはいかず。

 

代表召集で主力不在の中、まさかのクープドゥフランス準々決勝。

おかげ様で、ユース&リザーブから選手を緊急招集して挑んだBordeaux戦。

 

Paris_2017_11_08

最終的には勝利しましたが、さすがに自国の代表ゲームと同じ日に試合とか勘弁してくれ。

MOM獲得は、昨シーズンからトップチーム帯同の17歳 Fahrasmaneだったり、

本来なら昇格予定のなかった選手2名がトップチームデビューしたりとスクランブル状態でした。

 

トップチームデビューで監督に感謝するGuerin

Paris_2017_11_09

よかったね!でも次のチャンスがあるかは約束できないよ!

 

Paris_2017_11_07 

なんやかんやで次は準決勝。リーグ戦は勝ち点に余裕がありますし、

主力を回してでもタイトルをとりにいきたいですね~。

 

この勝利で、今季の連続無敗記録は24になったそうです。

Paris_2017_11_10

 

まあ、こういった記事が出た後は大抵まけr・・・るとでも思ったか!

 

Paris_2017_11_11 

Paris_2017_11_12

今月残りの2試合も勝利し、今季いまだに無敗記録は継続中。

この記録は何処まで続くのか?なんてフラグをたててみる。

 

相変わらず絶好調なチームだけに、個々の選手も当然活躍しているわけで、

Paris_2017_11_13

Njokuが、アフリカ年間最優秀若手選手の候補に選出。

今季リーグ戦では独走状態でやる気がでないのか、Nangis君が軽度の師匠化しており、

(まあCLとか、大一番では相変わらず驚異の決定力ですけど)

代わりにスタメンを任せることが多かったのですが、ここまでと活躍9ゴール。

昨年冬からの加入ですが、すでにチームにフィットしており、

コンスタントな活躍という点では、Nangis君を上回ってますね。

MRにACと複数のポジションをこなせますし、今後も活躍してくれるでしょう。

ちなみに今月のベストゴールにも選出されました。

Paris_2017_11_15

 

そして、月間得点王はこちら。

Paris_2017_11_14

今月のリーグ戦3試合で4得点をマーク。今年も大巨人様は頼りになります。

 

11月の公式戦結果

Paris_2017_11_02

うーん、ビューティホー!見事に緑が並びました。

気になる点としては、堅守が売りのチームの割には失点が多い事ですが、

過密日程でほぼ完全ローテで回しているので、多少は仕方がないですかね~。

 

11月終了時点順位表

Paris_2017_11_16

気がつけばPSGが2位に浮上してきたのはさすが・・・なのかな?

現在勝ち点9差+1試合分、PSGさーん、崖っぷちですよー!

 

CL グループステージ

Paris_2017_11_17

グループFをまさかの1位通過。

ここにきてLiverpoolがもたつき、Bayernが巻き返してきましたね。

最終戦の結果次第ではBayernにもグループステージ突破の可能性がありますが、どうなるか。

 

さすがに出来すぎだろうと、怖くなるくらい好調なパリFC。

落とし穴はいつ来るのか?どっきりのプラカードを持った人は何時登場するのか?

そんなドキドキ感を味わいつつ、次回は12月。前半戦終了です。

  1. 2013/07/14(日) 10:55:46|
  2. FM2013 パリFC 17-18
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カウンター

プロフィール

t ryoku

Author:t ryoku
FC2ブログへようこそ!

Football Managerのプレイ日記です

カレンダー

07 | 2017/03 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

未分類 (1)
ケムニッツFC 11-12 (11)
ケムニッツFC 12-13 (11)
ケムニッツFC 13-14 (11)
ケムニッツFC 14-15 (11)
ケムニッツFC 15-16 (11)
ケムニッツFC 16-17 (12)
レクサムFC 11-12 (9)
レクサムFC 12-13 (9)
レクサムFC 13-14 (7)
レクサムFC 14-15 (13)
FM2013 パリFC 12-13 (12)
FM2013 パリFC 13-14 (9)
FM2013 パリFC 14-15 (11)
FM2013 パリFC 15-16 (13)
FM2013 パリFC 16-17 (14)
FM2013 パリFC 17-18 (12)
ロス・サルセーロス編 12-13 (12)
ロス・サルセーロス編 13-14 (13)
ロス・サルセーロス編 14-15 (13)
ロス・サルセーロス編 15-16 (11)
シェフィールドFC 13-14 (6)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。